使えない上司・使えない部下

2017年5月15日

»著者プロフィール
閉じる

吉田典史 (よしだ・のりふみ)

ジャーナリスト・記者・ライター

ジャーナリスト。1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年から、フリー。
主に、人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。『悶える職場』(光文社)、
震災死』『あの日、「負け組社員」になった…―他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』(ダイヤモンド社)『封印された震災死』(世界文化社)など。

 取材後、堀さんからメールをいただきました。ご本人の了解のうえ、下記に掲載します。

~~~~~~~~~~~~~
面接官である私が「現職の社長(又は部長)になったら、どのようなことをしたいか?」と尋ねたとき、「評価の高い回答」「評価の低い回答」をそれぞれ2つ挙げて、説明をします。

【具体的な面接事例】

現職の社長(又は部長)になったら、どのようなことをしたいか?

-評価が高い回答例その1

「全社の業務フローを整備したい。当面は、短期間に急激に組織を大きくしていきたい。本来であれば、人数の増加につれて業務フローも整備すべきだったが、その業務フローの整備ができておらず、業務上の非効率やミスがでている」

 →【堀コメント】全社目線で課題を把握し、解決策を提示している

-評価が高い回答例その2

「コストセンターにも、PL予算を持たせるべきだ。今のチームはコストセンターであるため、PL予算をもっていない。そのため、「コストセンターなんだから収益は生まなくてもいいんだ」という意識が芽生え、気持ちが顧客から離れている。PL目標をもつと、メンバーの責任感が高まる。結果として、メンバーの意識改革がしやすくなる」

 →【堀コメント】所属チームで発見した課題を深堀りし、全社レベルの解決策を提示している

-評価が低い回答例その1

「まだ、アプローチできていない顧客が多い。今までアプローチできていなかった〇〇ジャンルの新規の顧客を開拓したい」

 →【堀コメント】解決策を考える前段階で、課題の深掘ができていない。目線の低い一般社員でも容易に発見できるレベルの課題である。

-評価が低い回答例その2

「取り扱いの商品数を増やせば、売上が伸びるはず。商品ジャンルを増やしていきたい。」

 →【堀コメント】解決策を考える前段階で、課題の深掘ができていない。目線の低い一般社員でも容易に発見できるレベルの課題である。

~~~~~~~~~~~~~

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る