海野素央の Love Trumps Hate

2017年5月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

民主主義的VS.専制主義的リーダーシップ

 米NBCテレビとのインタビューの中で、トランプ大統領は自分がFBIの捜査対象になっているのかコミー前長官から聞き出したと述べました。繰り返しになりますが、FBIは中立性のある情報機関です。大統領であるトランプ氏は、FBIに対してレッドライン(超えてはならない一線)を超えた言動をとってしまったのです。その背景には、ロシア政府との共謀疑惑に対する捜査が同大統領にとってかなり脅威になっていることがあります。

 さらに、トランプ大統領はホワイトハウスでの定例記者会見の廃止にも言及しました。この発言は、米国民の知る権利を奪う発言だと指摘されるのは当然です。これらは民主主義的というよりも専制主義的なリーダーの言動であると言わざるを得ません。

 オバマ前大統領によって指名されたコミー前長官は、同前大統領からバスケットボールに誘われても、FBIのトップとして大統領と適切な距離を保つために断ったと言われています。トランプ大統領はその長官を解任し、今、専制主義的リーダーシップを発揮しています。政権運営及び政策の実現において安倍首相も同大統領と類似したリーダーシップスタイルをとるのか、注視する必要があります。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る