BBC News

2017年5月24日

»著者プロフィール

英マンチェスターのコンサート会場で自爆攻撃によって22人が死亡した事件について捜査当局は、実行犯はマンチェスター出身のサルマン・アベディ容疑者(22)だと発表した。

アベディ容疑者は1994年1月1日、マンチェスターで生まれた。両親はリビア難民として英国に定住していたことが、BBCの取材で明らかになった。

ロンドン生まれの兄と、マンチェスター生まれの弟と妹がいるとみられる。

地元の学校に通い、サッカーはマンチェスター・ユナイテッドのサポーターで、パン屋で働いていた。

最近、海外に渡航した形跡もある。

容疑者の家族は市内で何度か引っ越した様子で、ファロウフィールド地区のエルムスモア通りの住宅は、警察によって家宅捜索された。また近くのウォリー・レンジにある建物も、家宅捜索を受けた。

マンチェスターは英国内でも特に大勢のリビア系住民が暮らしている。近所の人たちによると、容疑者の家族は年に何回か、リビア国旗を掲げていたという。

BBC内務担当マーク・イーストン記者は、家宅捜索を受けた地区は、シリアやリビアとつながりのあるイスラム過激主義者数人の出身地域として以前から把握されていたと指摘する。

市内にあるサルフォード大学は、アベディ容疑者がかつて学生だったと確認し、警察の捜査に協力していると明らかにした。

マンチェスター・イスラムセンター(別名ディズベリー・モスク)のファワズ・ハファール理事は、英PA通信に、容疑者が自分たちのモスク(礼拝所)に通っていた可能性が高いと話した。

ハファール理事によると、容疑者の父親が以前はモスクの夕方の祈りの開始を告げる役で、兄弟はモスクでボランティアをしていたという。

理事は、ディズベリー・モスクはあくまでも穏健的で現代的な、リベラルな場所だと強調。さらに、自分は警察と連携する組織の一員だと話した。

グレーター・マンチェスター警察のイアン・ホプキンス本部長は、容疑者が単独犯だったのか、グループの一員だったのかを確定することが、捜査の優先事項だと話した。

事件に関連して警察は、23歳男性を逮捕した。

(英語記事 Manchester attack: Who was the suspect Salman Abedi?

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40024667

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る