BBC News

2017年5月25日

»著者プロフィール

米議会予算局(CBO)は24日、与党・共和党が提案する医療保険制度改革により今後10年間で約2300万人が無保険に陥るとの試算を示した。

党派性の薄いCBOは今回の試算で、2018年だけで1400万人が医療保険を失うと指摘した。

一方で、連邦政府の赤字は2017年から26年にかけて1190億ドル(約13兆2700億円)減少するという。

ドナルド・トランプ大統領が強力に推し進め、下院で今月4日に可決された医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案をめぐっては、CBOの試算が発表される前に共和党議員らが下院通過を急いだとして批判する声が出ている。

共和党は上院でも独自のオバマケア代替法案をまとめようとしており、CBOの試算はその動きへの挑戦状を突きつけた形。民主党は共和党の代替案を「トランプケア」と呼んでいる。

下院共和党は、米医療保険法案(AHCA)を今年3月にまとめたものの、十分な賛成票が得られそうになく撤回。同党はその後、法案を修正し今月4日の可決にこぎつけた。

CBOは、修正後のAHCAでは、無保険となる国民の数が修正前よりも100万人少なくなるとみている。一方、連邦政府の赤字は修正前の法案で予想されていた1500億ドルよりも少ない1190億ドルが予想されている。

今回公表された試算によって、AHCAが議会を通過してトランプ大統領の署名を待つまでに至るのか、大きな疑問が生じている。

上院共和党のミッチ・マコネル院内総務はロイター通信に対し、「現時点ではどうやって50(票)に到達できるのか分からない。だがそれが目標だ」と語った。

現行のオバマケアでは、国民が保険契約を購入するオンライン医療保険取引所から、保険会社が次々と撤退している。24日にも、ブルークロス・ブルーシールド社がミズーリ、カンザス両州からの撤退を発表した。同社は現行制度のために1億ドル以上の損失が出たと説明している。

共和党の法案では、民間医療保険の購入者への補助の原資となる税金のほぼすべてを撤廃する。

法案はさらに、低所得者や障害者のための公的医療保険予算も大幅に削減しようとしている。

オバマケアによって新たに医療保険を得た2000万人の多くは、メディケイド(低所得者向け公的医療保険)を活用している。

共和党議員らは、オバマケアによる保険料高騰を国民の多くが不満に思っていた、AHCAは保険料の高騰を抑えることができると主張している。

AHCA修正後の共和党案には、がんなどの疾病を持つ人々の保険料を補助するため、5年間で80億ドルの拠出が含まれる。しかし、専門家らは実際の費用を賄うにはあまりに少額過ぎると指摘している。

(英語記事 Republican health bill to leave 23m uninsured

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40040761

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る