ネット炎上のかけらを拾いに

2017年6月5日

»著者プロフィール

あなたは子どもの「性知識」を確認したことがあるか

 この書き込みが「釣り」だったのか否かはわからない。ただし、この件を受けてツイッター上では、ユーザーが高校2年生の息子に生理用品の意味を聞いたところ、「セックスの後にあてがうもの」という返答があったというツイートもあった。また真偽不明であるものの、震災時に避難所で救援物資の生理用品を「非常時に不謹慎」と言って送り返した男性がいる、というツイートも以前から広く拡散されている。「不謹慎」の理由は、性行為に関係するアイテムだと勘違いしているからではないかと推測されている。

 少し話がずれるが、虐待を受けた子どもの中には、排泄の方法やタイミング、風呂場での体の洗い方を知らない子どもがいるのだという。多くの人が「自然に覚えた」と思っていることでも、実は覚えていないだけで周囲の人から教えられていたり、わかるようにサポートを受けていたりする。いったん覚えてしまうと、その前を忘れてしまったりもする。

 「生理する」が、釣りの書き込みだったのかどうかはわからない。ただ、もし釣りではなかった場合、今後その人が改めて知識・情報を得る機会があればいいと思わずにいられない。

 あなたは子どもと、男女の体の違いや月経、射精、さらに性交について話したことがあるだろうか。学校教育で性教育が充分に行われているとは言えない今、家庭内で曖昧にしたままではいけないのかもしれない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る