2017年6月28日(水)

MTG

2017年6月20日

PR
 愛知県に今注目の急成長企業がある。累計販売本数700万本を超す『ReFa』、マドンナと共同開発した『MDNA SKIN』、クリスティアーノ・ロナウドと共同開発した『SIXPAD』、浅田真央さんをブランドパートナーに迎えたウォーターサーバーブランド『Kirala』など数々のブランドを生み出しているMTGだ。ビューティー&ウエルネス領域のブランドを世界に向け発信するMTGの原動力を探った。 
MTG代表取締役社長・松下 剛 長崎県五島列島出身。1988年株式会社デンソーに入社後、1993年、23歳で起業。1996年にMTGを創立しビューティー&ウエルネスをテーマに幅広い事業を展開する。

日本列島は宝島 メイド・イン・ジャパンに拘るブランドづくり

 スマートな出で立ちが印象的な松下社長。ビューティー&ウエルネス分野で急成長を続けるMTGの創業者である。

 「私は長崎県の五島列島で育ち、18歳で愛知県に出てきました。小学生の時に、いつかは経営者になると心に決め、日本で一番大きな会社があり、歴史的な人物をたくさん輩出している愛知県で起業したいとの思いが募り、それを実現した形です。1996年に3名でMTGを岡崎市で立ち上げ、ビューティー&ウエルネスの領域で独自のブランドを創造し、理念経営をベースに拡大してきました」と話す。

 急成長を続けるMTG。製品やキャラクターに目を奪われがちだが、メイド・イン・ジャパンに強いこだわりを持ち、その価値を世界に発信している。 

 

  「私は“日本は宝島である”ということを常に実感しています。長い歴史に育まれ受け継がれてきた緻密で精巧な技術や知恵、勤勉で優れた人材や文化、そして日本人の心などが眠っています。我々が当たり前だと思っていることは、世界には真似できない素晴らしい宝。MTGは日本中の宝を結集して、新たな価値の創造を目指しています」

 そんな日本の宝を結集したMTGのブランドは、ReFa、MDNA SKIN、SIXPAD、Kiralaなど多岐にわたり、大ヒットを飛ばしている。

 「MTGは『クリエーション』『テクノロジー』『ブランディング』『マーケティング』の4つのコンセプトを元にブランドを創出しています。『クリエーション』は世の中にありそうでなかった商品を生み出したり、新たな事業を創造すること。『テクノロジー』においては自社での研究開発はもちろんですが、産官学との連携を積極的に行なっています。大学や他企業の支援技術を結集して積極的に活用し、これによって世に出ていない優れた技術を製品化することに繋がっています。また社内に『顧問会』という組織を設け、大手メーカーで技術部門の責任者を務めてきた方々に在籍いただき、品質検証などの助言をいただいています。この人材も日本の宝なのです。さらに付加価値を持った『ブランディング』によって製品を世に広めていき、徹底した『マーケティング』で商品を求めている人に確実にリーチしていく。以上を融合し新しいブランドを創造して、世界へ発信しています」

MTGがイノベーションを起こした大ヒットブランド (MDNA SKIN)美のアイコンマドンナとの共同事業で開発され、マドンナ自身が唯一使用するスキンケアブランド。モンテカティーニの奇跡の美容原料M・T・PARCAの使用を世界で唯一許されているなど、全てにおいて徹底的にこだわりぬいている。 (ReFa)2009年、エステの手技を再現する美容 機器として初代ReFaが誕生。国内のみならず、世界に広がり販売累計700万本を突破するMTGを代表するブランド。あらゆる美容技術を融合し進化する総合美容ブランドとして進化している。

 このような事業戦略のもと、MTGは常に右肩上がりの成長を続けている。

写真を拡大 MTG10年間の売り上げの推移

 「創立以来、会社は順調に成長を続け、今期は400億円の売り上げを超える見込みです。2008年より10年間で売り上げは約20倍、社員数も10倍以上に拡大しました。オリンピックの前年の2019年には経常利益100億円を超えることが目標です。新製品の開発や、理念をベースに人材育成に力を注ぎ、強い組織を作りながらも、常にチャレンジしてきたことが結果につながっていると感じています。現在、社内でも急速なグローバル化が進んでおり、2020年には販売地域が50カ国へ拡大する見込みです。全世界に向けMTGのブランドを発信していきたいと思っています」

技術力と感動力で新たな価値を生み 世界にチャレンジする

 急成長を遂げているMTG。それは生み出される製品が魅力的であるからに他ならない。その製品開発には徹底したこだわりが貫かれている。

 「ビューティー&ウエルネス分野ではエビデンスが最も重要だと考えます。購入者からの支持を得るためには、エビデンスに基づいた安全&安心な製品づくりが求められます。例えばSIXPADでは、EMSの世界的権威である京都大学・森谷名誉教授の40年に渡る研究結果と世界No.1フットボーラー、クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングメソッド、そしてそれを製品化していくMTGの技術。この3つを融合した結果、CMM Pulseというコア技術にたどり着きました。さらにEMSに安全基準を作り、エビデンスをきちんと持った機器を正しく流通していくということに使命を感じています。EMSではその効果を実証するために、京都大学と中京大学と一緒に学会発表を行ったり、プロアスリートやアマチュアの学生までをサポートし、その効果を検証し続けています」

MTGはクリスティアーノ・ロナウドやマドンナとの共同開発を実現し、世界中からの驚きをもって受け止められている。これはMTGの理念への共感やチャレンジに対する応援の結果だ。

 また、MTGの製品はどれも他では見たことのないデザインも特徴だ。

 「それぞれの商品はエビデンスに基づいた機能を持つとともに、デザイン性も非常に重要です。使用していて楽しく、見ているだけでも幸せで自慢したくなる、そんな価値観を持ったプロダクトを生み出すためデザインには徹底的にこだわっています。たくさんのプロトモデルを作り、しなやかな曲線を描くボディラインや精巧な佇まいを持った人の心を動かすデザインを追求しています」

ビューティー&ウエルネス市場はIoTでさらに進化する

 今回、IoTを導入した新たなSIXPADを発表し、ウエルネス分野に新しい世界観を取り入れた商品は早くも注目を集め、すでに高い評判を得ている。

 「BODY REVOLUTIONをブランドコンセプトとしてSIXPADは開発され、身に着けるトレーニング・ギアとして2015年に誕生しました。SIXPAD独自のコアテクノロジーCMM Pulseを搭載し、すでに累計100万台が販売され、EMS市場に革命を起こしたと感じています。そしてさらなる進化を図るべく、第一弾のIoT製品として新しいSIXPADが誕生しました。スマートフォンと連動することで、継続的なトレーニングのためのモチベーションがキープできるようにするのが狙い。さらに効果を可視化できるアプリケーションも導入されていきます。今後は、ReFaをはじめとするビューティー製品にもエビデンスに基づいたIoTを取り入れ、効果を実感できるような大きな進化を図りたいと思っています」

 ビューティー&ウエルネス分野では馴染みの薄かったIoT。松下社長がいち早く着目した理由はいったいどのようなことだったのだろうか。

 「IoTは黎明期であり、新たなサービスなどまだ市場に出ていない分野。特に、ビューティーの業界は歴史が長いのですが、他業種に比べ進化が遅いと感じていました。この分野の製品は使用している方の納得感が最も大切で、その効果を実感するためにも継続性が重要です。IoTを導入することで、ビューティー&ウエルネス製品の可能性は無限に広がり、使用する方達の満足度をさらに上げる進化を図りたいと考えています」