BBC News

2017年6月21日

»著者プロフィール

米軍は20日、シリア東部で親シリア政府勢力が飛ばしていたイラン製ドローンを撃墜したと発表した。

米軍によると、20日の午前零時半(日本時間20日午前6時半)ごろ、シリア北東のタンフにある米国主導の有志連合の前哨基地の近くでF15戦闘機がドローンを撃ち落とした。ドローンは武装しているとみられ、有志連合の部隊への脅威と判断したという。

しかしロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官は、米軍の対応について、「テロと共謀している」ようなものだと非難した。

米軍は18日に、シリア北部のラッカでシリア政府軍の戦闘機を撃墜したばかり。今月はさらに、シリアとイラクの国境にあるタンフ通行所で親シリア政府勢力のドローンが撃ち落とされている。

BBCのジョナサン・マーカス防衛・外交担当特派員は、今回の事態について、シリア東部の支配をめぐる対立激化による地域の緊張悪化を示すものだと指摘した。

これとは別に、米軍は有志連合が先月実施したシリアでの空爆で、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)の最高宗教指導者トゥルキ・ビナリ容疑者が死亡したと正式に発表した。IS支持者もビナリ容疑者の死亡を確認している。

どんなドローンなのか

軍関係者がCNNテレビに語ったところによると、撃ち落とされたドローンはイランが2012年に公表した「シャヘド129」。イランの説明では、同型機の飛行距離は2000キロでミサイルや爆弾を運ぶことができる。

米軍幹部はAFP通信に対し、「地上にいた我々の軍を脅かしていた。我々の部隊に向かってきて爆弾を落とそうとしていた」。

タンフの前哨基地は、西側の特殊部隊だけでなくシリアの反政府勢力も使用している。

18日に撃墜されたシリア政府軍の戦闘爆撃機「Su(スホイ)22」は、ラッカ県の町タブカの近くを爆撃していたとされる。

撃墜を受け、シリア政権側の主要支援国のロシアは、ユーフラテス川以西の上空では米主導の有志連合の軍機を「標的」とみなすと述べた。

ロシアはさらに、同地域における米ロの偶発的衝突を回避するための連絡体制を遮断した。

状況はどのくらい危険なのか

マーカス特派員によると、ISが「首都」と呼ぶラッカで有志連合などの攻勢を受けるなか、ラッカ陥落後の支配権をめぐる争いが生じている。

イランの支援を受けた親シリア政府勢力が多くの前線で進攻を続ける一方で、米国はイランの影響力拡大を避けたいと考えている。

イランは、18日にシリア東部でISに対し長距離ミサイルを打ち込んだと明らかにした。

このため同地域では、米国対親シリア政府勢力、米国対ロシア、さらに幅広い意味で米国対イランという3つの対立関係が浮かび上がっている。

マーカス特派員は、意図するしないにかかわらず、3つの対立関係から今以上に大規模な軍事対立が生じる可能性があると指摘する。

トゥルキ・ビナリ容疑者とはどんな人物か

世界のメディア情報を収集する「BBCモニタリング」によると、ビナリ容疑者はバーレーン出身で、2014年にISに加わり、組織の最高宗教指導者としてIS幹部と戦闘員たちの両方に助言をしていた。

米中央軍によると、ビナリ容疑者は先月31日にシリア東部のマヤディーンで実施された空爆で死亡した。

IS支持者もビナリ容疑者の死亡をインターネットで発表していた。

(英語記事 Syria conflict: US jet 'downs Iranian-made drone'

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40351058

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る