BBC News

2017年6月29日

»著者プロフィール

イタリア政府は28日、移民を自国の港に運んでくる外国船の入港を禁止すると警告した。同国のマウリツィオ・マッサリ欧州連合(EU)大使はEUに、「持続できない」状態だと通達した。パオロ・ジェンティローニ伊首相は、他の欧州諸国が「そっぽを向いている」と非難している。

過去4日の間で推定1万人が北アフリカからイタリアを目指したと思われる。今年に入りすでに7万3000人以上(昨年同期比14%増)の移民がイタリアに上陸した。

イタリア沿岸警備隊は、各国や複数の援助団体による救助活動を調整している。小型船などで地中海を渡ろうとする移民の救助には、非営利団体(NPO)も参加。非営利団体の船はドイツやマルタなど他のEU加盟国の船籍を登録していることが多い。

イタリア政府筋はロイター通信に、「外国船籍の人道援助船のイタリア入港を阻止する案が検討されている。イタリアは飽和状態に達した」と話した。

マッテオ・レンツィ前首相は、イタリア国民は「へきえき」としていると指摘し、移民問題には長期的な戦略が必要だと述べた。

欧州委員会のディミトリス・アブラモプロス委員(移民担当)はマッサリ大使と会談し、「状況が持続不可能だというイタリアは正しい」と認めた。また移民危機に対するイタリアの対応は「模範的」なものだと評価した。

アブラモプロス委員は、EU加盟国が「進み出る」べき時だと指摘。必要に応じてイタリアに経済支援を提供したり、リビアなどアフリカ諸国に出国人数削減のための援助をしたりするべきだと提案した。EUは今年2月の時点で、国連が支持するリビア統一政府に、沿岸警備強化策などへの資金援助で合意している。

アブラモプロス委員は、「今こそ約束を実行するべき時だ。我々として(加盟国に)約束を履行させる」と表明。「我々には全員、人命救助という人道的な義務がある(中略)一部のEU加盟国に単独で任せているわけにはいかない」。

イタリアのアンサ通信によると、国際NPO「国境なき医師団」はかねてからEUに支援拡大を要請し、「すべての国が参加するべきだ」と促していたという。

国連によると、大多数がリビアから地中海を渡りイタリア経由で欧州に入るルートに挑戦し、約2000人が死亡・行方不明になったおそれがある。

サハラ砂漠以南のアフリカ各地やアラビア半島、エジプト、シリア、バングラデシュから欧州を目指す多くが、リビアからイタリアを目指す。多くは戦乱や貧困、抑圧を逃れようとしている。

救助船の入港阻止は合法か

船舶の上陸手続きは国際法で定められており、イタリアが方針を変更するならば人道援助団体に準備期間を与える必要があるとEUは指摘する。

「海上における人命の安全のための国際条約」では、海難事故を認知したすべての船舶は状況のいかんを問わず支援しなくてはならないと義務付けている。また、その海域での活動に責任を持つ国が中心となって、遭難船の人命を救助しなくてはならない。

同条約はさらに、その政府が「合理的に可能な限りできるだけ素早く上陸の手はずを整えなくてはならない」と定めている。

リビア西部から出発する船にとって、イタリアが最も近い港となる場合が多い。

イタリアは前から懸念表明

今年4月にはカルメロ・ズッカロ検事が地元紙に対して、一部の人道援助団体がリビアの密航業者と「結託」していると非難していた。

2014年以降、50万人以上の移民が船でイタリアに上陸している。

バルカン半島を通る陸上ルートが閉鎖されて以降、特に海上ルートで欧州を目指す人が増えた。

リビアは混乱状態

リビアは2011年に独裁を長年続けたカダフィ政権が倒れて以来、混乱状態にある。

28日には、西部にあるスルマンの移民受付センターを訪れた国連職員7人が、首都トリポリに向かう途中で武装勢力に一時的に拘束された。職員は後に無事解放された。

国際移住機関(IOM)は、アフリカから欧州を目指す人たちがリビアの「奴隷市場」で売られていると警告する報告書を発表した

<用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。

(英語記事 Migrant crisis: Italy threatens to shut ports

提供元:http://www.bbc.com/japanese/40439558

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る