いつか来ると恐れていた懸念が現実になった。最大のイスラム教国である東南アジアのインドネシア・ジャカルタ中心部で白昼、爆弾と銃撃によるテロ事件が発生、カナダ人ら民間人2人と犯人グループの5人が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。インドネシアの1万8000人の邦人社会に衝撃が広がっている。

11月末にテロ情報

テロ現場となったスターバックス(Getty Images)

 警察当局の発表などによると、事件は14日午前10時半頃、市中心部で起きた。銃の乱射や手投げ弾、自爆テロによる3件の襲撃が相次いで起こり、コーヒーチェーンの「スターバックス」と、通りを挟んだ交通警察の詰め所が標的となり、犯人側と警察との間で銃撃戦が展開された。犯人グループは5人が死んだが、2人はバイクで逃走したという。

 「スターバックス」のビルには日本人会の事務所があり、日本の書籍の図書館もあり、訪れる在留邦人が多い。また近くには日本大使館や日系企業のオフィスが多数あり、日本人が巻き込まれても不思議ではない状況だった。ジャカルタの日本人学校は15日は休校になった。

 事件後、ISが「インドネシアのISの戦士が十字軍の集まる場所を標的にした」との犯行声明を出した。IS系のツイッター上のニュース・チャンネル「アマク」も「ISの戦闘員が外国人と治安部隊を狙った攻撃を実行した」と発表した。

 事件後に会見した国家警察のカルナビアン将軍によると、犯行グループはシリアのラッカのIS指導部とつながりがあり、「バハルン・ナイム」というインドネシア人戦闘員が犯行を指令した、という。この男は2012年に西ジャワ州で武器などを違法所持した容疑で有罪判決を受けている。

 同将軍によると、男はIS傘下の東南アジアの軍事組織「カティバ・ヌサンタラ」の指導者。同組織はインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイを含む東南アジアで作戦を拡大しているという。

 今回の事件は少なくとも7人以上がテロ作戦に加わっており、周到に準備された大掛かりな犯行と言える。昨年11月にパリで起きた同時多発テロと同様、シリアのIS本部で計画され、それに基づいて現地ジャカルタで具体的な標的の設定や武器・爆薬の入手、作戦の手順などが決められたようだ。

 インドネシア治安当局は昨年11月後半、「同国でコンサート(テロ)が開かれるだろう」というISの情報を入手して掃討作戦を展開、過激派約10人を拘束した。その後も米国やオーストラリアなどからテロ情報が寄せられ、当局は15万人を動員して警戒を強めていたが、今回のテロを防ぐことができなかった。

「序章にすぎない」

 インドネシアでは2002年、有名なリゾート地バリ島で過激派組織「ジェマ・イスラミア(JI)」による爆弾テロで202人が死亡、09年にもジャカルタで米国系のマリオットなど高級ホテル2カ所で爆弾テロが発生した。その後は米国の支援を受けた治安部隊の過激派掃討作戦により、JIは弱体化、大きなテロは起きていなかった。

 しかしISが台頭するにつれてインドネシアからシリアのISに合流する若者が増加、約700人がシリアに渡って実戦に参加し、一部は過激思想を身に付けて既に帰国しているとされる。JIの創設者である収監中のアブ・バカル・バシルも獄中からISに忠誠を誓うよう呼びかけを行っているが、国内の潜在的なIS支持者は2000人前後いると見られている。

 ジャカルタのテロがISの指示に基づく犯行とすれば、ISがパリの事件を契機に世界各地でのテロ作戦に乗り出したことを意味する。アジアではこれまで、パキスタンやバングラディシュでISのテロが発生していたものの、東南アジアでは本格的なISのテロはなかった。

 しかし今回、ISのテロがインドネシアに波及してきたことに同地域の各国の治安当局者は「ジャカルタのテロは序章にすぎない」(テロ専門家)と懸念を強めている。今後、マレーシアなどにもドミノのようにテロが広がる恐れがあるというのだ。

 ISはシリアやイラクでの戦況が劣勢になればなるほど、自分たちの力が残っていることを誇示するため海外でテロを起こす危険性が増す。それも警戒が厳重ではないソフト・ターゲットが狙われる公算が強い。私たちもテロとの戦いを身近なものとして防衛する時がやってきたようだ。

▼関連する電子書籍

「イスラム国」の正体
なぜ、空爆が効かないのか

著者:池内 恵/髙岡 豊/マイケル・シン

▼ご購入はこちら
Kindleストア
iBooks
楽天kobo
Kinoppy(紀伊國屋書店)
BookLive!
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。