昨年のアカデミー賞授賞式で、ジョージ・クルーニーを含む複数の俳優が「会場が真っ白」などと、米映画界が未だ白人至上主義であることをジョークを交えて批判した。しかし、その傾向は今年も変わらず、主演、助演男優、女優賞にノミネートされたのがすべて白人だったことが、批判の的となっている。

 ジョークで済んだ昨年とは違い、今年は複数の授賞式ボイコットに発展しそうな勢いだ。その口火を切ったのが、スパイク・リー監督。リー監督は昨年11月にオスカーの特別功労賞である「ガバナーズ・アワード」を受け、授賞式に出席予定だった。

iStock

 だがガバナーズ・アワードの受賞スピーチの中で、リー監督は「人種の広範性について語るのにはもう飽きた、でも必要なんだ」と語った。受賞のプレゼンテーターを務めたのはサミュエル・ジャクソン、ウェズリー・スナイパー、デンゼル・ワシントンという黒人スター3人組。彼らは「リー監督が黒人、ヒスパニックなど多くのスターを映画に使うことで世に送り出した」とその功績を讃えた。

現実の米社会の人種構成を反映していない

 リー監督は以前からハリウッド映画界の重鎮に黒人がほとんどいないこと、映画の世界が「現実の米社会の人種構成を反映していないこと」を批判し続けてきた。監督によると「黒人が映画スタジオのトップになるのは、合衆国大統領になるより難しい」という。

 これを踏まえ、昨年に続いて主演、助演俳優ノミネーションがほとんど白人に集中したことから、リー監督はアカデミー賞授賞式への出席をボイコットする、と宣言した。SNS上で「すべての友人、式典のホストであるクリス・ロック、プロデューサーのレジー・ハドリン、アカデミーのアイザック会長、アカデミーそのものを尊敬していないわけではない。しかし、2年連続して俳優部門のノミネーション20人全員が白人というのはいかがなものか。2年で40人の白人のみがノミネートされることに誰も疑問を覚えないのか。黒人は演技できないとでもいうのか」と書き、ノミネーションの不透明さを訴えた。

 さらに、俳優ウィル・スミスの妻であるジェダ・ピンケット・スミスさんも「有色人種によるアカデミー賞ボイコット」をほのめかしている。夫、ウィル・スミスは映画「コンカッション」の役割により主演男優賞の有力候補とされていたが、ノミネートされなかった。スミスさんはツイッターで「黒人は賞のプレゼンテーター、エンターテイメント要員としてはアカデミーに歓迎されている。しかし、演技の芸術的要素で評価されることはほとんどない。有色人種はすべての面でアカデミーに参加することを制限されているの?」などと呟いた。

 夫であるウィル・スミスはボイコットへの参加を現時点では表明していないが、スパイク・リー監督のボイコット発言により、多くの黒人俳優が追随する可能性がある。

アカデミー芸術院の時代錯誤感

 折しも米国は、2014年にミズーリ州ファーガソンで起きた銃を持たない黒人青年を白人警官が射殺した事件に端を発する黒人の「人種差別」抗議運動が続いている最中だ。年末には黒人団体がショッピングモールで大規模なデモを行った。昨年には人種差別的発言をした、とミズーリ大学学長が辞任する騒動も起き、全国の大学で「もっと黒人の学生を」「黒人の歴史を伝える授業を」との抗議活動が起きている。

 そんな中で白人のみのノミネートを行ったアカデミー芸術院の時代錯誤感、鈍感さが際立つが、大規模なボイコットはアカデミー授賞式のテレビ視聴率にも大きな影響を与えそうだ。第88回アカデミー授賞式は有色人種のボイコットによる「史上最低の式典」となるのか。今後の動きに注目が必要だ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。