『いわきより愛を込めて』

ノンフィクションライター山田清機が、被災地「いわき」の今を歩く。復興という名のもとに全てが「なし崩し的」に突き進んでいく、その結末を追う。