Back numberバックナンバー

2013年7月号

2013年620日発売

定価401円(税込)

特集

海のすし、山のすし

向笠千恵子・文 荒井孝治・写真

購入する

buynavi-arrow 紙面を購入 定期購読8.3%OFF お申込み前に必ずご確認ください

特集

海のすし、山のすし

燦燦と降りそそぐ日差し、黒潮おどる海、緑深い山並み。
大自然の恵み豊かな和歌山が、「すしの国」と呼ばれていることをご存知でしょうか。日本における醤油の発祥地でもある和歌山では、発酵文化の素地ゆえになれずしづくりが発展し、平安時代にはすでに宮中へ紀伊のあゆなれずしが献上されていたほど。良質の素材を、温暖な気候がじっくり時間をかけて醸すのです。いつしかなれずしは現代の味覚に合うように変遷し、いまでは半なれずし、押しずし、包みずしなど、バリエーション豊かなすしとなって親しまれています。
日本のスローフードを知り尽くした“食の旅人”向笠千恵子さんが、和歌山のすし文化をめぐる旅にいざ出発!
写真:©HIROSHI OOHASHI/SEBUN PHOTO/amanaimaages

向笠千恵子・文 荒井孝治・写真