Back numberバックナンバー

2013年11月号

2013年1019日発売

定価411円(税込)

特集

【完全密着ルポ】 福島の避難者が見たチェルノブイリ

購入する

buynavi-arrow 定期購読22%OFF お申込み前に必ずご確認ください

27年前の1986年に世界を震撼させたチェルノブイリ原発事故。
福島第一原発事故の影響で避難していた福島県浜通りの住民たちが未来の故郷のあり方のヒントを得るため、チェルノブイリの「今」を視察した。
驚くことは多々あった。
事故後も2000年までチェルノブイリ原発が稼働していたこと、今なお送電施設としては機能しており、作業員が防護服なしに働いていたこと、避難により廃墟となった町があった一方で、「夢の町」と呼ばれるニュータウンがあったこと……
チェルノブイリ原発事故の避難者や研究者との意見交換を経て、見えてきた未来への希望もあった。繰り返してはいけない教訓もあった。
日本では、福島と言えば汚染水問題ばかりが報道されている。汚染水の環境影響が軽微であることはあまり報道されず、原発20キロ圏内でも線量がそう高くない地域が多くあることも知られていない。
復興のあり方、原子力のあり方について、我々はもっと真剣に考える必要がある。
放射能以外の様々なファクターを含めたトータルの福島の「被害」を最小化するために日本全体がもっと協力できないだろうか。

お電話からのお申し込み・お問い合わせ 0120-34-3746
ウェブで読む

日本を もっと、考える

Wedgeセレクション

反響の大きかった記事は
電子書籍ストアで販売しています。

ウェッジ電子書類