書籍詳細

新幹線各駅停車 こだま酒場紀行
大竹聡・著 矢吹申彦・イラスト

目次
立ち読み

東京~博多間を新幹線こだま号の各駅停車で飲み歩く!
東海道・山陽新幹線グリーン車搭載誌「ひととき」の人気連載を単行本化!


日本旅行作家協会・斎藤茂太賞ノミネート作品
東京から博多まで、35の駅に各駅停車する新幹線「こだま号」。その各駅で下車をして、酒場を探してみたらどうだろう。きっとその土地ごとの名物を出す居酒屋や、常連客に愛されてきたバーがあるはず。そんな軽い気持ち(?)で東京駅から始まった東海道・山陽新幹線グリーン車搭載の月刊誌「ひととき」(一部市販)の人気連載が、3年あまりをかけてようやく博多駅まで行き着き、新原稿も追加して、待望の書籍化。
巡った酒場は十店十色なれど、旬の肴を心を込めて提供し、常連客に愛される店ばかり。おいしい料理や銘酒の数々を目当てに旅した酔狂な記録を、ほろ酔いエッセイとおいしそうなイラストの数々でお楽しみください。

 

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

<書誌情報>
◇『新幹線各駅停車 こだま酒場紀行』
◇四六判並製 
◇予価:本体1,300円+税
◇発売日:2017年11月20日
◇ISBN:978-4-86310-193-7

<プロフィール>
おおたけ・さとし 
1963年、東京都生まれ。作家、編集者。2002年にミニコミ誌「酒とつまみ」を創刊し、呑兵衛たちの心を鷲掴みに。著書に『ぶらり昼酒・散歩酒』(光文社文庫)、『五〇年酒場へ行こう』(新潮社)、新刊『多摩川飲み下り』(ちくま文庫)。

 

 

新幹線各駅停車  こだま酒場紀行

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
脱炭素とエネルギー

2020年12月号(11月20日発売)

特集
脱炭素とエネルギー

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
瀬戸内Dramatic

2020年12月号(11月20日発売)

特集
瀬戸内Dramatic

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。