BBC News

2019年11月14日

»著者プロフィール

日本の宇宙探査機「はやぶさ2」が13日、はるかかなたの小惑星「リュウグウ」から、1年かけて地球に戻る旅を開始した。

小惑星の石や砂などを積んだはやぶさ2はこの日、リュウグウの周回軌道を離れた。

地球には来年12月に戻り、オーストラリア南部の砂漠地帯に、石などを入れたカプセルを投下する見込み。

それにより、複数年にわたる任務を終える。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、回収した石や砂などの標本が、太陽系の起源を探る手がかりになる可能性があるとしている。

石や砂を回収

はやぶさ2は2014年に打ち上げられた。3年半後、地球から約3億キロメートル離れた小惑星リュウグウに到着した。

昨年6月には、リュウグウに2度着陸。データと石の標本などを回収した。リュウグウは、太陽系の初期の岩がそのまま残ったものとされる。

<関連記事>

今年2月の最初の着陸では、リュウグウの表面に「弾丸」を撃ち込み、岩の破片を作り出した。その後、はやぶさ2の下部から「サンプラーホーン」を伸ばし、破片を回収した。

2回目の着陸は7月だった。はやぶさ2はまず、人口クレーターをつくるためにリュウグウを「爆撃」した。それからクレーターに着陸し、表面下にあった岩の標本などを回収した。


科学者たちは、これらの標本は宇宙の厳しい環境にさらされていない、真新しい状態だとみている。表面下から標本を回収するのは、宇宙探査史上初めて。

リュウグウに到着するまでは3年半かかったが、地球への帰還は1年ほどと、ずっと短期間で完了する。これは、2014年のときと比べ、リュウグウが地球にかなり近づいているため。

小惑星は一般的に、宇宙の最も早い時期にできた物体とされる。リュウグウは非常に原始的な種類の小惑星に分類され、約45億年前の宇宙環境や化学物質の証拠が残っている可能性がある。

(英語記事 Japan spacecraft leaves asteroid to head home

提供元:https://www.bbc.com/japanese/50403326

関連記事

新着記事

»もっと見る