BBC News

2019年11月26日

»著者プロフィール

スペイン北東部カタルーニャ州の独立を掲げる政党「カタルーニャ共和主義左翼(ERC)」の党員投票が25日あり、独立への協議を進めることを条件に、今月新たに発足した政権を支持することが決まった。

投票でERC党員は、「事前協議でスペイン政府と政治的紛争に取り組むことに合意しない限り、ペドロ・サンチェス氏の首相就任を認めない」という案への賛否を投じた。

その結果、ERC党員の約95%が賛成に集中した。

合意には、独立投票や、服役中のERC指導者たちの恩赦をめぐる話し合いを含む、期限なしの協議の開催などを条件づけている。

連立政権樹立を模索

スペインは今月10日、4年間で4回目、今年だけでも2回目となる総選挙を開いた。

サンチェス首相率いる中道左派の社会労働党は議席を減らし、カタルーニャ州の独立に強硬姿勢を示す極右政党ボックスが議席を倍増して躍進した。

社会労働党は現在、反資本主義を掲げる政党ポデモスとの連立政権の樹立を探っているが、社会労働党とポデモスを合わせても155議席で、過半数の176議席には届かない。

サンチェス氏はERCの13議席と、他の左派やバスク地方の政党の議席を加えることで、政権を維持したい考えだ。

こうした中、ERCは今回の決定により、社会労働党に対して大きな影響力をもち得る。カタルーニャ州のメディアは、ERCがサンチェス社会労働党と協議を始めると伝えている。

ERC関係者は、「もし(社会労働党が)我々に何か望むのであれば、彼らは動きを見せる必要がある。もし動かないなら、我々は当然、支持しない」とロイター通信に述べた。

ただ、社会労働党はカタルーニャ州で住民投票を開くことに強く反対。カタルーニャ州もバスク地方もスペインの一部との立場を崩していない。

党首は服役中

ERCはカタルーニャ州最古の政党。党首のウリオル・ジュンケラス前州副首相は先月、同州の独立を問う違法な国民投票を強行したとして、13年の禁錮刑が言い渡され服役中だ。

今月の総選挙でERCは、中道右派のライバル政党「カタルーニャのための連合(JxCat)」を3議席上回った。

暴動で多数のけが人

スペインは経済状況が不安定で、経済成長は鈍化。失業率は改善しているが、それでも欧州連合(EU)で2番目に高い。

カタルーニャ州では、独立運動の指導者たちが刑務所に収監されたことを受け、大規模の抗議運動が散発している。一部は暴動に発展し、何百人ものけが人が出ている。

カタルーニャ州議会は今月、「カタルーニャ住民の意志を尊重する」よう表明する決議を採択。スペイン憲法裁判所の警告をはねつける姿勢を示した。

ただ、独立への支持は弱まっている様子もうかがえる。カタルーニャ州の公的調査機関が今月実施した調査では、独立の支持は41.9%、反対は48.8%という結果が出た。

(英語記事 Catalan party moves to back Spanish coalition

提供元:https://www.bbc.com/japanese/50542630

関連記事

新着記事

»もっと見る