BBC News

2019年12月31日

»著者プロフィール

日産自動車の前会長で金融商品取引法違反などの罪で起訴され、保釈中のカルロス・ゴーン被告(65)が31日、日本を出国して中東レバノンへ渡航していたことが明らかになった。

レバノンから発表した声明でゴーン被告は、正義から逃げたのではなく「不公平と政治的迫害から逃げた」と説明した。

保釈の条件では、海外への渡航は禁止されている。ゴーン前会長が日本からどのように出国したかは不明だ。レバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでいない。

ゴーン被告は容疑を全面的に否定している。

被告の主任弁護人を務める弘中惇一郎弁護士は31日、「報道されている以上のことは知らず、寝耳に水という状況でとてもびっくりしている。今後、情報が入れば裁判所に提供していきたい」と述べた。

弘中弁護士はさらに、「ゴーン元会長のパスポートは弁護士が預かっており、弁護団がパスポートを渡すようなことはありえない」と説明した。

ゴーン被告はブラジルでレバノン系の両親の間に生まれ、レバノンの首都ベイルートで幼少期を過ごした後、フランスへ移住した。そのため、ブラジルのほか、レバノンとフランスの市民権を持つ。

NHKはレバノン治安当局の話として、ゴーン被告とみられる人物がプライベートジェットでベイルートに到着したが、「別の名前で入国した」と伝えた。

さらに、東京地方裁判所は、海外への渡航を禁じたゴーン被告への保釈条件は変更していないと明らかにしたという。

「不正な日本の司法体系」

ゴーン被告は31日、レバノン渡航を伝える複数報道の後、短い声明を発表した。

声明では自分がレバノンにいることを認めた上で、「私はもう、有罪が前提とされ、差別がはびこり、基本的人権が否定されている、仕組まれた日本の司法制度の人質ではなくなった」と語った。

「私は正義から逃げたのではなく、不正と政治的迫害を逃れた。これでやっとメディアと自由にやりとりができるし、来週からそれを始めるのを楽しみにしている」

<関連記事>

ゴーン前会長は、2018年11月に逮捕されて以降、一貫して罪状を否定している。ゴーン前会長の弁護団は、事件が政治的な動機によるもので、日本政府が前会長を陥れたと批判していた。

また、妻のキャロル・ゴーン氏は今年6月にBBCの単独取材に応じ、当局はゴーン夫妻を「脅し、自尊心を傷つけた」と語った。

ゴーン被告は昨年11月、役員報酬の過少記載や会社資金の不正利用など「重大な不正行為」があったとして逮捕された。

その後、いったん保釈されたものの、中東オマーンの知人側に日産の資金を流出させたとして、会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕。今年4月に東京拘置所から再保釈されるまで、計108日間拘置されていた。

ゴーン前会長の保釈条件は厳しく、自宅には監視カメラが設置されているほか、電話やパソコンの利用も制限されていた。また、パスポートを弁護士に預けているほか、自宅を2日以上空ける際には裁判所の許可が必要だった。

共同通信によると、ゴーン前会長の保釈条件は変更されていない。


<解説>レバノンでは大物 ――クエンティン・サマヴィル中東特派員(ベイルート)

カルロス・ゴーン前会長は、レバノンで安全かつ豪華な滞在先を探すのに苦労しないはずだ。レバノン系の家系に生まれたゴーン前会長は、幼少期を同国で家族と共に過ごした。国内では成功者として称えられ、切手になったこともある。

また、レバノンの著名なワイン生産地「 IXSIR(イクシール)」の共同創業者でもある。イクシールは豊かで「並外れた優雅さ」を持つワインを売りにしている。

所有する3つのパスポートが手元にない状態で日本から逃亡するのは困難だっただろうが、レバノンの国境管理は厳しいとは言いがたい。ゴーン前会長は昨年12月29日にプライベートジェットでベイルートに到着したとされており、彼ほどの地位の人物が入国審査を通るのは朝飯前だっただろう。市内では、ゴーン前会長は通常、護衛をつけて移動している。

ゴーン前会長が日本に足止めされていた1年の間に、レバノンは大きく変わった。数カ月におよぶ汚職への抗議デモの末、昨年10月にはサアド・ハリリ首相が辞任を余儀なくされた。またレバノンは現在、大きな経済危機のさなかにあるい。

日本はレバノンに数百万ドルを支援する見返りにゴーン前会長の引渡しを要求するだろう。日本からの脱出は成功したかもしれないが、問題そのものからは逃げられていない。


<解説>日本には疑問と赤面が残された ――ルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ、BBC東京特派員

カルロス・ゴーンがベイルートにいることが確定した。劇的な形で確認がとれた。

日産の前会長はメディア向けの声明を発表し、「仕組まれた日本の司法制度」の人質ではなくなったと述べたのだ。前会長は日本司法について、「有罪が前提とされ、差別がはびこり、基本的人権が否定されて」いると批判した。

日本には多くの疑問と、赤恥をかかされた複数の人たちが残る。こんなにも著名な人物が、パスポートを弁護士に預けている状態で、どうやって陸続きの国境のない国から脱出できたのだろうか。

日本のメディアでは、ゴーン前会長が別名義のパスポートを使ったのではないかとの憶測が広がっている。

検察当局は、ゴーン前会長には資産と複数の国籍があることから、逃亡の恐れがあると警告していた。そのひとつのレバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでいない。


(英語記事 Nissan's ex-head Ghosn flees Japan to Lebanon

提供元:https://www.bbc.com/japanese/50953796

関連記事

新着記事

»もっと見る