BBC News

2020年1月24日

»著者プロフィール

国連の国際司法裁判所(ICJ)は23日、ミャンマーに対し、「あらゆる手段を用いて」イスラム系少数民族ロヒンギャに対するジェノサイド(集団虐殺)を阻止するよう命じた。ロヒンギャが深刻な危機にさらされていると指摘し、改善と結果報告を求めている。

仏教徒が多数を占めるミャンマーでは2017年、軍部主導のロヒンギャ掃討によって、数千人が死亡し、70万人以上が隣国バングラデシュへ逃亡。ミャンマーに対し国際的な批判が高まっている。

ICJの命令に対しミャンマー外務省は、「状況がゆがめられている」と反論。同国が独自に行った調査では、迫害はなかったとの結論が出ていると述べた。

<関連記事>

この裁判は、イスラム教徒が多数を占める西アフリカの小国ガンビアが、多くのイスラム教国を代表して提訴した。

法廷ではこの日、裁判官17人が満場一致で命令に賛成。ロヒンギャに対する虐殺が再び行われる可能性があると警告した。

命令には、ロヒンギャに対し殺人や「身体や精神に有害な行為」を行わないことと、すでに行われた可能性のある虐殺の証拠を保全することなどが盛り込まれている。

ICJのアブドゥルカウィ・アフメド・ユスフ裁判官は、この命令の実施状況について4カ月以内に報告するようミャンマーに求めた。

この命令は拘束力があり、控訴をできない一方、ICJは命令の実行を強制できない。

ミャンマーの反応は?

ミャンマーの外務省は、独自に設置した独立調査委員会が、虐殺があったとされる西部ラカイン州で、そのような実態を確認していないと説明。

一方で、戦争犯罪はあったことを認め、ミャンマーの刑法体系の下で捜査・訴追すると述べた。

また、「人権活動家」からの非難によって、いくつかの国との関係に悪影響があったと批判した。

外務省は声明で、「(人権活動家により)ミャンマーがラカイン州に持続可能な発展の基盤を築く能力がくじかれた」と述べている。

ミャンマー政府はかねて、ラカイン州での軍事作戦は過激派の脅威に対応したものだと主張している。

ミャンマーの指導者アウンサンスーチー国家顧問兼外相はICJに出廷した際、暴力行為は、ロヒンギャの過激派がミャンマーの警備施設を襲撃したことに起因する「内政上の武力衝突」だと主張した。


命令への賛否

ロヒンギャの団体は、ICJの命令を歓迎している。

イギリスのビルマ・ロヒンギャ協会(BROUK)のトゥン・キン会長はツイッターで、「きょうのICJの命令は、ロヒンギャへの正義にとって重要な瞬間であり、数十年にわたるジェノサイドを生きてきた我々の立場を証明するものでもある」と述べた。

「この判断は、ICJがジェノサイド疑惑を深刻にとらえると同時に、疑惑を否定しようとするミャンマーの空虚な試みに耳を傾けなかったことを明確に示している」

人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルも、今回の判断は、世界がミャンマーの「暴虐」を許していないというメッセージだと述べた。

今回の裁判を起こしたガンビアのアブバカル・マリー・タンバドゥ司法長官兼法相は、ICJの判断に「とても、とても喜んでいる」と述べた。


一方、BBCがフェイスブックで行った法廷の生配信では、ミャンマーの市民からICJや裁判官に対する手厳しい声が上がった。

ヌ・インウィンさんは、「これは公正で正義に基づいた命令ではない。ミャンマー国民を代表して、この裁判官らは目も見えず、耳も聞こえていないのだと言いたい。この国の実情を知らないのだ」とコメントした。

キャウ・ミント・オオさんは、ミャンマーにとって悲劇の日だと述べ、「私たちは、ニシキヘビに徐々に首を締められているような状態。そのうちICJのあらゆる要求を無理やり受け入れることになる」と話した。

バングラデシュのAK・アブドゥル・モメン外相は、「ミャンマーに良識が広まり、(バングラデシュにいる)全てのロヒンギャ難民を帰還させ、安全を提供してくれることを願っている」と述べた。

ロヒンギャ問題とは

2017年初め、ミャンマーには100万人のロヒンギャがおり、その大半は西部ラカイン州に住んでいた。

しかしミャンマーはロヒンギャをバングラデシュからの不法移民と見なし、市民権を与えていない。

ミャンマーで迫害されたロヒンギャは、これまで何十年にもわたってバングラデシュに逃亡し、難民となっている。しかし2017年8月25日、ロヒンギャの武装勢力「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)が30カ所以上の警察署を襲撃した事件の後から、その数は大幅に増加した。

バングラデシュへ逃げたロヒンギャ難民は、仏教徒の暴徒がミャンマー軍に加勢し、村落を焼いたり、住民を攻撃、殺害したと訴えている。

ミャンマー政府は武装勢力に対する「掃討作戦」は同年9月5日に終わったとしているが、人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによる人工衛星写真の分析では、8月以降に数百カ所の村落が破壊されているのが確認された。


<解説> アウンサンスーチー氏、次の展開は? ――ニック・ビーク・ミャンマー特派員、BBCニュース

今回のICJの判断によって、アウンサンスーチー氏に残っていた国際的評価も完全に破壊されただろう。

思い出してほしいのは、アウンサンスーチー氏はわざわざハーグの法廷に出向き、ミャンマー弁護の筆頭に立たなくてもよかったことだ。しかし彼女は、大量殺人や強姦、放火などがなかったと、自分自身で主張した。

アウンサンスーチー氏を激しく非難してきた人たちでさえ、彼女がなお巨大な力を持つミャンマー軍を制御していないことは認めていた。

しかし、ラカイン州での軍の行いを弁護しようとし、そして失敗したことで、アウンサンスーチー氏は自らと軍司令部の間にあった防護壁を壊してしまったのだ。

これまで、ミャンマーはICJの判断には従ってきた。しかし、この緊急措置にも応じるだろうか?


(英語記事 Myanmar rejects world court Rohingya ruling

提供元:https://www.bbc.com/japanese/51231974

関連記事

新着記事

»もっと見る