BBC News

2020年1月28日

»著者プロフィール

米プロバスケットボールNBAのスーパースター選手だったコービー・ブライアントさんが26日、ヘリコプターの墜落事故で死亡した。41歳だった。

ロサンゼルス西郊カラバサスで同日午前9時45分ごろに起きたヘリコプター墜落事故では、ブライアントさんとブライアントさんの13歳の次女ジアーナさんを含む乗員乗客9人全員が死亡した。ロサンゼルス郡検視官は被害者の名前を公表していないが、遺族や同僚らによると、オレンジ・コースト・カレッジ野球チームのジョン・アルトベリ監督、妻ケリさん、ジアーナさんのチームメイトだった娘アリッサさんも犠牲になった。さらに、ジアーナさんの学校のバスケットボール・チームの監督だったクリスティーナ・マウザーさんも同乗していたという。

米メディアによると、ジアーナさんのチームメイトだったペイトン・チェスターさんと母親のサラ・チェスターさんも犠牲になったほか、パイロットのアラ・ゾバヤンさんも死亡したという。

ブライアントさんは、NBAロサンゼルス・レイカーズの主力選手として5回優勝。NBA史上最も偉大な選手の1人とされてきた。

ブライアントさんはNBAでプレーした20年間、一貫してレイカーズで活躍した後、2016年4月に引退した。2008年に最優秀選手(MVP)に選ばれ、NBAファイナルズのMVPにも2度選ばれた。NBA最多得点選手は2回。オリンピックでは2008年の北京五輪と2012年のロンドン五輪で、アメリカ代表チームの優勝に貢献した。

2006年にはトロント・ラプターズ相手に81得点を記録。これはNBA史上2番目の最多得点だった。

NBAは声明で、「コービー・ブライアントと娘ジアーナさんの悲劇的な死に衝撃を受けている」とコメント。「卓越した才能が勝つことへの圧倒的な献身と合わさると何が可能か、コービーは20シーズンにわたり、それを示してくれた」とたたえた。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-51276193

関連記事

新着記事

»もっと見る