BBC News

2020年1月29日

»著者プロフィール

中国・武漢で新型コロナウイルスの感染者や死者が増加する中、同市に滞在していた何百人もの外国人が避難を始めている。また中国政府は29日、国内で確認された死者が132人になったと発表した。

日本やアメリカ、欧州連合(EU)、オーストラリア、韓国などはすでに、市民の帰還に乗り出している。

中国の習近平国家主席は、このウイルスは「悪魔」だが、中国はこれを打倒すると話している。

中国の国家健康衛生委員会によると、これまでに国内で確認された感染者は5974人、死者は132人。このほか、少なくとも16カ国で感染者が確認されたが、国外での死者は報告されていない。

同委員会の専門家は、あと10日ほどで流行はピークを迎えるだろうと述べた。

この新型ウイルスは、湖北省武漢市の魚市場で違法に取引されていた野生動物から発生したと考えられている。深刻な呼吸器感染症を引き起こすが、現時点でこのウイルスに特化した治療薬やワクチンはない。

日本へは約200人帰国

日本では29日、武漢から約200人が政府のチャーター機で東京の羽田空港に到着。計約650人が帰還を希望しているという。日本政府は残る人たちの帰国用にさらに旅客機を用意する方針を示している。

日本の複数メディアによると、熱やせきなどの症状がある人たちは病院に搬送され、症状のない人も機内での検疫後、政府が用意したバスで都内の国立国際医療研究センターに移動。一般患者と離れた場所でウイルス検査を受け、陰性と確認されるまで政府が用意した宿泊施設や自宅で待機することになっている。

日本政府はさらに、帰国者に1週間は外出せず、その後1週間も不要な外出を控えるよう求めている。

オーストラリアのスコット・モリソン首相は、帰還する国民は検疫のため2週間、クリスマス島で隔離する方針を発表した。同島の施設は不法移民対策のものとして知られているため、国内では反発の声も上がっている。

29日には、アメリカ領事館の職員や一部のアメリカ人も、武漢を離れた。CNNによると、アメリカへの帰国者は最大2週間、空港格納庫に隔離される可能性がある。

イギリスの外務省は、武漢を離れたいとしているイギリス人約200人のために避難計画を準備している。しかし、帰還のための支援が足りないとして、政府を批判する声も出ている。

これとは別に、EU市民の帰還に向けて旅客機2機の運航が予定されている。最初の1機では、フランス人250人が帰還する予定。韓国は今週、4機で約700人の市民を帰還させるとしている。

香港自治政府は、自治区への越境を禁じる措置を発表した。

武漢市および湖北省では厳しい通行制限が敷かれ、事実上の封鎖状態となっている。中国のいくつかの都市では、公共の場でのマスク着用が義務付けられた。

ピークは10日後か

ドイツとヴェトナム、台湾、日本ではヒトからヒトへの感染も確認され、感染拡大への懸念が広まっている。

呼吸器疾患専門家で今回の新型ウイルス対策チームを率いる鐘南山氏は新華社通信の取材で、「感染は1週間から10日でクライマックスを向かえ、それ以降は大規模な拡大はないと考えている」と指摘した。

中国政府は、WHOからの専門家を受け容れ、ウイルスへの理解や世界的な対応策などで支援を受けることに合意した。

習国家主席とWHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は北京で会談。習国家主席は「このウイルスは悪魔だが、我々は悪魔が隠れることを許さない」と話した。


<解説> ヒト-ヒト感染への懸念広がる ――ミシェル・ロバーツ健康編集長、BBCニュースオンライン

新型コロナウイルスのヒトからヒトへの感染例が新たに報告され、流行がどこまで広がるのか心配する声があがっている。日本とドイツでの感染例は、ウイルス保持者と接触するだけで感染する可能性を示唆している。

もっとも感染力が高いのは、せきや熱などの症状が出ている患者だと考えられている。

一方で専門家らは、明らかな症状がない人からの感染リスクがないとは言い切っていない。さらに、ウイルスに感染してから症状が出るまでに1週間以上かかる可能性もある。

感染しないためのアドバイスとしては、患者との接触を避けること。つまり、同じ空気を吸わないよう距離を取ったり、ウイルス保持者からの飛まつで汚染されたものを触らないようにすることだ。


(英語記事 Island quarantine plan as foreigners evacuated

提供元:https://www.bbc.com/japanese/51290828

関連記事

新着記事

»もっと見る