BBC News

2020年3月24日

»著者プロフィール

ドナルド・トランプ米大統領は22日、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)が特に流行しているニューヨーク、カリフォルニア、ワシントンの3州について、支援に当たっている州兵部隊への助成金を承認した。

この3州では今後、州兵が医薬品の配達や診療所の立ち上げなどを行う。ニューヨークではすでに、医薬品不足が懸念されている。

一方、米上院は23日、新型ウイルスの悪影響を抑えるための1兆4000億ドル規模の経済対策法案を否決した。

与党・共和党は金融市場を安定させるために可決を急いでいたが、野党・民主党が地方自治体や病院への助成を増やすことを求め、反対に回った。

アメリカではこれまでに、4万1000人以上の感染が確認され、死者は573人に上っている。

<関連記事>

トランプ大統領はこれまでにニューヨーク州とワシントン州で大規模災害の宣言を承認したほか、カリフォルニア州でも「すぐに」同様の措置を講じると説明した。これにより、3州では連邦政府の数億ドル規模の助成金を受けることが可能となる。

アメリカではいくつかの州の州知事や自治体から、連邦政府に医薬品などの供給を拡大するよう求める声が上がっている。

大統領はアメリカが直面している危機を「戦争」と表現し、「我々は毎日この目に見えないひどい敵に立ち向かい、究極的には打倒するためにあらゆる努力をしていることを国民に伝えたい」と話した。

州兵は各州当局の管轄下に置かれるため、州知事が州内の派遣体制について引き続き指示ができる。

州兵総局は計4000床を設置できる医療施設を各州に置く予定で、カリフォルニア州に2000床、ワシントン州とニューヨーク州に各1000床が配置されるという。

ニューヨーク州ではアメリカ国内の感染者の半数以上が確認され、世界全体の5%を占めている。ニューヨーク市のビル・デブラジオ市長は先に、市内では「あと10日ほどで医療品が広範囲で不足」し、状況は悪化するだろうと警告した。

カリフォルニア州では、医療品が不足しているため、病院での新型ウイルス検査が制限された。

また、ワシントン州のある病院は、4月までに呼吸器が足りなくなると警告している。

なぜ法案は否決されたのか

上院では23日、経済対策法案への賛成が49と、可決に必要な60票が集まらなかった。この法案は22日にも審議されたが、その際には賛成票は47票だった。

共和党は上院で53議席と過半数を占めているが、一部の上院議員が自主隔離を行っているため投票できなかった。そのため法案の可決には、民主党議員を説得する必要があった。

これに対し民主党は、労働者の保護が不足していること、助成を得る企業に対する制約があまりにも少ないことなどを理由に、法案に反対した。

民主党とホワイトハウスの協議は続いている。

こうした中、セントルイス連邦準備銀行のジェイムズ・ブラード総裁は米ブルームバーグ通信の取材に対し、新型ウイルスによるアメリカでの失業率は、大恐慌時の24.5%を上回る30%に達する可能性があると指摘した。

アメリカは現在、中国とイタリアに次いで3番目に感染者の多い国となっており、国民に向こう15日間は他人と距離を取って行動するよう呼びかけている。

ジェローム・アダムス公衆衛生局長官はNBCのテレビ番組に出演し、「この週は非常に悪いものになることを理解してほしい」と述べた。また、特に若い世代が他人と距離を取るべきだという勧告を無視していると指摘した。

「あらゆる人が正しい段階を今すぐに踏む必要がある。家にとどまってほしい」

フロリダ州のタンパ大学は、勧告を無視してパーティーを開いた学生のうち少なくとも5人が、新型ウイルスに感染したと発表した。

各州が外出禁止や店舗の営業停止といった対策をとり始めている。また、州兵が食料や医薬品の供給を支援している州もある。

(英語記事 Trump boosts National Guard funding to fight virus

提供元:https://www.bbc.com/japanese/52014596

関連記事

新着記事

»もっと見る