BBC News

2020年5月7日

»著者プロフィール

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を鈍化させるという同国の目標が達成されたとして、ロックダウン(都市封鎖)を段階的に緩和していくと発表した。すべての店舗が営業を再開できるとしている。

試合が中止されているサッカーのブンデスリーガにも再開の許可が下りたほか、学校は夏季に徐々に再開していく。

また、2世帯間の面会や食事が認められるほか、介護施設や障害者施設にいる高齢者は特定の1人との面会が可能になる。

同国の16州はそれぞれ、政府との合意に基づいて経済活動再開の時期を判断していくこととなる。

一方で、新たな感染者数が急増した場合には、各州が「緊急ブレーキ」を発動させる。

他人との接触に関するルールは今後1カ月間継続される。

経済活動はすでに限定的に再開されてはいるが、今回の規制緩和はより広範なものになる。

<関連記事>

「ドイツは他国よりもうまく対処している」

メルケル首相は、「我々は、このパンデミック(世界的流行)における1番最初の段階を通り過ぎたと、問題なく宣言できると思う」と切り出した。

そして、「しかし、我々はまだ初期段階にあり、この状況は長期間続くであろうことを十分自覚しておく必要がある」と続けた。

バイエル州政府のマルクス・ゼーダー首相は、ドイツは他の多くの国よりもうまく対処していると述べた。その理由については、全国的にも地域的にもいい戦略を導入し、誰もが我慢を続けたからだとした。さらに、1メートル50センチの社会的距離や衛生状態を保つことが、感染率を低く維持する鍵だと述べた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間7日午前の時点で、ドイツ国内の新型コロナウイルスによる死者は約7200人にとどまっている。これは、イギリス(約3万人)やイタリア(約2万9600人)、フランス(約2万5800人)、スペイン(約2万5800人)などの西欧諸国と比べ、はるかに少ない。

ドイツのロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、同国では6日時点で、過去24時間に165人が死亡し、940人以上の感染が確認された。

同国内の感染率はしばらくの間、一貫して低い状態が続いている。メルケル首相は、日々の新規感染者数が3桁になったことを非常に嬉しく思うと述べた。また、ドイツ市民が自分自身だけでなくほかの人の命も守るために、ロックダウン措置を順守するという責任を果たしていることを称賛した。

政府と16州の合意内容とは

ドイツで広く読まれている日刊紙ビルトは6日、政府と16州がロックダウンの段階的緩和についておおむね合意し、経済活動が再開されると報じた。

広さが800平方メートルまでの店舗についてはすでに再開が認められている。今回、店舗に対するすべての制限が解除されるが、マスクの着用義務や社会的距離の確保は継続となる。

学校は一部の子供については再開されていたが、今回すべての子供たちの登校が夏の間に段階的に再開されることとなる。「子供たちは当然のことながら、普通の生活に戻りたいと思っている」とメルケル首相は述べた。

メルケル首相と16州のトップで行われた6日の会議で、各州知事は、3月17日から導入しているロックダウンの緩和がもたらす影響について、責任を負うことで合意した。

他の国と同様に、ドイツは感染の第2波が起きることを警戒している。1地区で新たな感染者数が7日間で10万人あたり50人を超えた場合、影響を受けた地域の当局は、再び制限を課すか判断する。

16州の中には新型ウイルス感染の影響をあまり受けていないところも多く、他の州よりも規制緩和に熱心な州もある。

北部メクレンブルク・フォアポンメルン州は今月9日から、南部バイエルン州は18日から、レストランを再開する予定。

レストランやホテルの再開は、ドイツ中を移動する人の数を増加させ感染率が高まることから、特にリスクが高いと考えられている。大規模集会は今後も禁止される。

ブンデスリーガが再開へ

3月に試合が停止されたブンデスリーガも再開が認められた。試合は5月15日から無観客で行われる。選手たちは、トレーニングキャンプのようなかたちで2週間の隔離措置を受けることとなる。

ブンデスリーガは、欧州の主要サッカーリーグとしては、パンデミック発生後に初めて活動を再開する。

一方でリスクもある。ブンデスリーガ1部と2部で計1724人のウイルス検査を行った結果、10人が陽性だったことが今週明らかになった。

誰もがこの再開スピードに喜んでいるわけではない。バーデン・ビュルテンベルク州のヴィンフリート・クレッチュマン首相は、「活動再開を急いでいる」として他州の首相たちを非難した。

他方、観光局長のトマス・バライス氏は、ドイツ人が今夏、旅行ができるようになることを期待している。

バライス氏は、アウトブレイク(大流行)の制御が続けば、国内や、感染数が同様に減少している近隣諸国への移動ができるようになる可能性を示唆した。


新型コロナウイルス特集

感染対策

在宅勤務・隔離生活

(英語記事 Germany says football can resume and shops reopen

提供元:https://www.bbc.com/japanese/52568987

関連記事

新着記事

»もっと見る