BBC News

2020年5月20日

»著者プロフィール

米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは19日、タルク(滑石)を原料とするベビーパウダーの販売を、アメリカとカナダでやめると発表した。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、タルクを使った同社製品によってがんになったとする、何千人もの消費者たちから訴訟を起こされている。

訴訟は長年にわたっており、同社は数十億ドルの賠償金の支払いを命じられている。

同社は一貫して、タルク製品の安全性を主張している。

「発がん性物質で汚染」と訴訟

ジョンソン・エンド・ジョンソンによると、タルクを使ったベビーパウダーの販売(同社の米医薬品市場における売り上げの約0.5%に当たる)を今後数カ月かけて減らしていく。在庫のある小売店は、その分の販売を続ける。

同社に対しては、同社のタルク製品が発がん性物質の石綿(アスベスト)で汚染されているとして、1万6000人以上が訴訟を起こしている。

同社は問題となっているベビーパウダーについて、北米での需要は減少していると述べた。「消費者動向の変化が大きいほか、この製品に関する誤った情報にも影響された」としている。

また、製品購入者たちに訴訟を起こすよう呼びかける弁護士たちによって、「絶え間ない集中砲火」に見舞われてきたとしている。

「タルク原料の本製品の安全性には確固とした信頼を置いている。世界の医療専門家たちによる何十年にもわたる独立した科学的研究は、私たちの製品が安全であることを示している」

「新型ウイルス流行で見直し」

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、今回の販売中止について、新型コロナウイルスの世界的流行を受けた消費者向け製品の見直しの一環だと説明した。

同社は、米食品医薬品局(FDA)の検査で同社のベビーパウダーに微量のアスベストが検出されたことを受け、独自に検査を実施。昨年10月、アスベストは見つからなかったとした。

裁判所は2018年、同社のタルク製品によって卵巣がんを発症したと訴えた女性22人に47億ドル(約5070億円)の賠償金を支払うよう同社に命じた。同社は上訴している。

(英語記事 Johnson & Johnson stops selling baby powder in US

提供元:https://www.bbc.com/japanese/52734473

関連記事

新着記事

»もっと見る