BBC News

2020年9月8日

»著者プロフィール

イギリスの新型コロナウイルスの感染流行は、このところ「大きな変化」がみられ「非常に気がかりだ」――。イングランド副主任医務官のジョナサン・ヴァン・タム教授が、警告を発した。

ヴァン・タム教授は、夏の間、人々の「気が緩み過ぎた」と指摘。「もう一度かなり深刻に、事態を受け止め始めなければならない」と述べた。

そして、もしそうしなければイギリスは「今後数カ月にわたって困難な状況」を迎えるだろうと話した。

ヴァン・タム教授によれば、欧州連合(EU)地域における若者たちの間の感染が、高齢世代にも広がったという。

5月下旬以降で最多

欧州ではここ数週間、フランスとスペインで感染者の急増が起きている。各国はロックダウン(都市封鎖)の規制を緩め、ウイルス検査を増やしている。

7日にはスペインが、欧州西部で最初に累計感染者数が50万人を超えた国となった。先週末にかけ、新規感染者数が2万6000人以上確認された。

イギリスは感染者の増加を受け、多くの地域がより厳しい規制に乗り出している。


英当局は6日、新規感染者数が2988人確認されたと発表。5月22日以降の1日当たりの人数としては最多となった。7日午前9時までの24時間では、さらに2948人の感染が報告された。

スコットランド西部の2地域は、別家庭への訪問に関して、より厳格な規則が適用される。

ウェールズでは、カイアフィリー地区が8日午後6時以降、ロックダウンの状態に置かれる。

「脅威は続く」

ヴァン・タム教授は、「みんな気が緩み過ぎた。再びしっかりと対策を取り、脅威がこれからも続くと認識する時だ」と述べた。

また、イギリスにおける入院者数と死者数は「非常に低いレベル」にあると説明。感染者数の増加は、17~21歳で顕著だとした。ただ、他のEU諸国でみられるような感染者の増減が起こり得ると述べた。

「まず若者の間で感染の増加がみられる場合、その後に高齢者層で感染と入院の増加が起こり始める。そして深刻な公衆衛生の問題が生じる」

「17~21歳で病気になっていない人はラッキーだ。しかしそうした人たちは、深刻な症状が出ていないがゆえに、自分が強力な感染拡大者であることを忘れてしまう」

春まで視野に

ヴァン・タム教授はさらに、感染流行が「特定のホットスポット」に限定されなくなってきていると指摘。「イギリス中でこれまでより広範に少しずつ地域が拡大し、感染レベルが上昇し始めている」とした。

そして、保健当局と政治家らに対し、短期ではなく半年、さらに「春まで」の期間で、新型ウイルスの抑制を検討するよう求めた。

BBCのニック・トリグル保健担当編集委員は、イギリスの感染者数はここ2日で急増したように思えるが、春の状況と比べると大きく下回っていると説明。

ただ、若者の間で感染が広がれば、弱者の間での感染を抑えることが困難になるとし、政府は警戒を強めていると解説した。

一方、BBCのヒュー・ピム保健担当編集長は、ヴァン・タム教授の発言について、「これは明らかに事態を懸念している医療リーダーから公衆に向けた、真剣に社会的距離を確保してほしいという警告だ」と述べた。

(英語記事 Rise in UK coronavirus cases a 'great concern'

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54066908

関連記事

新着記事

»もっと見る