BBC News

2020年10月5日

»著者プロフィール

ファッションブランド「KENZO(ケンゾー)」創業者の高田賢三氏が4日、新型コロナウイルスの合併症で亡くなった。81歳だった。

「ケンゾー」の広報担当者によると、高田氏はパリ郊外のアメリカン病院で亡くなった。

高田氏は1960年代にフランスに移住。原色や花柄をふんだんに取り入れたデザインで、日本人のデザイナーとして初めてパリのファッションシーンで注目を集めた。

広報担当者は、高田氏は「8000近いデザインを手掛け」、「ファッションと生きる芸術を称え続けていた」と語った。

パリのアンヌ・イダルゴ市長はツイッターに追悼を掲載。「素晴らしい才能を持ったデザイナーとして、彼はファッションの世界に色彩と光をもたらした。パリは息子の死を悲しんでいる」と述べた。

ファッションサイトWWD.comによると、 「ケンゾー」が属するルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー(LVMH)のシドニー・トレダノ最高経営責任者(CEO)も、「1970年代に高田氏が始めたブランドのファンだった。彼は素晴らしいデザイナーだったと思う」と話している。

訃報を受け、日本でもSNSに追悼のコメントがあふれた。初めて買った高級ブランドが「ケンゾー」だったという声も多くみられた。

あるツイッターユーザーは、「初めて買った財布はケンゾーのものだった。小さなことだけどずっと覚えています。ご冥福を」と書き込んだ。

「母親からケンゾーの服を譲ってもらって、いまだに着ています」というツイートもあった。

また、日本ではなお多くの人が使用しているハンカチも、ケンゾーのものを使っているという人が多かった。

1939年に兵庫県姫路市で生まれた高田氏は、1965年に貨物船でフランスに渡り、パリに住んだ。

1970年に「ケンゾー」の前身となるブランドを立ち上げ、国際的な評価を得た。1983年には「ケンゾー・オム」を発表。その後、「ケンゾー・ジャングル」や「ケンゾー・ジーンズ」といったよりカジュアルなラインも手掛けた。

1993年に「ケンゾー」ブランドをLVMHに売却し、6年後に引退した。

(英語記事 Kenzo fashion brand founder dies from Covid-19

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54414241

関連記事

新着記事

»もっと見る