BBC News

2020年10月8日

»著者プロフィール

ブラジルで6日、新型コロナウイルスの感染が確認された人が500万人を超えた。死者は15万人に迫っていると、当局は話している。

ブラジル保健省はこの日、新たな感染者が3万1553人見つかり、累計感染者が500万694人になったと報告した。

ブラジルはアメリカ、インドに次いで世界3番目に感染者が多い。

大統領の姿勢が国を二分

ジャイル・ボルソナロ大統領は新型ウイルスの流行が始まって以来、感染防止規制に関する専門家の助言を無視するなど、リスクを過小評価していると非難されている。

ボルソナロ氏は、政権の新型ウイルスへの対応に対する批判をはねつけている。ただ、ロックダウンに反対し経済活動を優先させる判断は、国民の間で賛否が大きく分かれている。

<関連記事>

保健省によると、6日には新たに734人の死亡が確認され、同国の死者は14万8228人になった。

死者数は南米で最も多い。

ブラジル国内ではサンパウロ州が最大の影響を受けており、死者は約3万6000人に上っている。これにリオデジャネイロ州が約1万9000人で続いている。

アミルトン・モウラン副大統領は8月、政権の新型ウイルス対策を擁護。国民に規律意識が欠けているため社会的距離の確保がうまくいかず、感染症COVID-19の拡大を抑えられていないと述べた。


<解説>ケイティ・ワトソン、南米特派員

ブラジルは新たな区切りを迎えたが、状況は数週間前ほど暗くはない。感染者と死者はともに減少傾向にある。それでも1週間の死者は約5000人で、ピーク時の約7000人からは減ったというレベルだ。

欧州に比べると、各種の数字はまだかなり悪い。しかし、ブラジル人の生活は平常に戻りつつあるように思える。商店、レストラン、一部の学校は再開している。

ボルソナロ大統領は新型ウイルス対策で批判を浴びたが、支持率は上昇している。約6000万人の非公式の労働者らに、政府が手厚い給付金を支給したためだろう。

問題は、失業率が急上昇する中で政府が給付金を減額し始めたとき、政権は支持を集め続けられるかだ。


(英語記事 Coronavirus cases in Brazil pass five million

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54459058

関連記事

新着記事

»もっと見る