BBC News

2020年11月5日

»著者プロフィール

オーストラリアのクイーンズランド州ブリスベンの住宅で3日、真夜中に火災が発生した。住んでいた男性は、ペットのインコに起こされて難を逃れたという。

アントン・グエンさんはオーストラリア放送協会(ABC)の取材で、「大きな音がして、インコのエリックが叫び始めたので起きると、煙の臭いがしたんです」と語った。

「エリックを抱えて部屋から出ました。家の裏を見ると炎が上がっていたので(中略)急いで1階に降りました」

消防隊が駆けつけた4日午前1時ごろには、炎は家全体に回っていた。鎮圧には1時間を要した。

ひとり住まいのグエンさんはかばん1つとエリックだけを抱えて逃げ出したが、けがはなかった。

クイーンズランド消防局のキャメロン・トーマス調査官によると、エリックは繰り返し「アントン!」と叫んで警告した。

「住宅には火災報知器もあったが、報知器が鳴る前にオウムが知らせてくれた」

出火原因はまだ不明で、調査が続いているという。

(英語記事 Parrot saves Australian man from house fire

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54820151

関連記事

新着記事

»もっと見る