BBC News

2020年11月12日

»著者プロフィール

米ニューヨーク州は11日、新型コロナウイルス対策の新たな規制を発表した。ニューヨーク市のビル・デブラジオ市長は、第2波を食い止める「最後のチャンス」だと警告している。

13日から適用される新たな規制では、同州内のレストランとスポーツジムの営業は午後10時までとされ、集会は10人までに制限される。

アンドリュー・クオモ知事は、サービス業に大きな影響を及ぼすこの規制を発表するにあたり、深夜の集会が感染拡大の主な原因になっていることが、感染者の接触者追跡で判明したと説明した。

新型ウイルス感染者はアメリカで急増しており、10日には病院に入院中の人が過去最多の6万1964人となった。

1日あたり平均900人超が、新型ウイルス感染症COVID-19で死亡している。

<関連記事>

アメリカでは今月に入って、新規感染者が100万人以上確認されている。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計では、累計感染者は1000万人を超え、死者は24万人以上となっている。

過去10日間の感染者は連日10万人を超えている。専門家は現状について、春や夏の急激な感染拡大を上回る事態を懸念している。また、国内各地で病院が患者を収容し切れなくなるかもしれないとしている。

11日には、ジョー・バイデン次期大統領の新型ウイルス対策チームが、4~6週間の都市封鎖(ロックダウン)によって感染流行を抑えられるとの見通しを明らかにした。

メンバーのマイケル・オスターホルム博士は、ロックダウン中のビジネスの損失は、政府が借り入れを増やすことで補填(ほてん)できるとの見方を示した。

ニューヨークの状況

ニューヨーク州のクオモ知事は11日、「全国的、世界的にCOVIDが急増しており、ニューヨークはCOVIDの波にもまれる船だ」と述べた。

ニューヨーク市のデブラジオ市長も同日、感染が拡大し続ければ市内の公立学校を閉鎖し、オンライン授業を開始することになると説明。

「これが第2波を食い止める最後のチャンスだ。食い止められるが、すぐに行動しなくてはならない」とツイートした。

https://twitter.com/NYCMayor/status/1326531868381114368?s=20


ニューヨーク市では今春、新型ウイルスが大流行し、市保健当局によると、3~5月にはCOVID-19の死者が約1万8000人に上った。

アメリカの状況

アメリカ各地の州は今週、新規感染者数の最多記録を更新している。10日にはテキサス州が、累計感染者100万人を超えた初の州となった。テキサス州を国として考えると、世界で11番目に多い。

イリノイ、ウィスコンシン、ミネソタ、カリフォルニア、フロリダなどの州でも、感染者が増加している。米CBSは、15州で先月、新型ウイルスの入院患者が倍増したと報じている。

アイダホ州やミズーリ州などの病院では、ベッドの空きがなくなり、入院を断っている。


こうした状況で、州知事らは再び規制を実施している。ウィスコンシン州やネヴァダ州は、住民らに2週間、自宅にとどまるよう求めている。ミネソタ州は、バーやレストランの営業を午後10までに制限している。

バイデン氏の新型ウイルス対策チームのオスターホルム氏は10日、CBSの番組で、病院がひっ迫しているのは明らかだと説明。ワクチンが開発される前の「現在と来春までが、パンデミックの最悪の時期」だと述べた。


ミネソタ大学で感染症研究所トップを務めるオスターホルム氏は、「現在、1日あたりの感染者は12万から13万人規模となっている」、「それが20万人になっても驚きではない」と話した。

政府の感染症対策トップのアンソニー・ファウチ博士は同日、米ファイザーが開発したワクチンが来週にも緊急の認可手続きに入る見込みだと述べた。このワクチンは治験で、90%以上の人の感染を防ぐとの初期結果が出ている


一方、疾病対策センター(CDC)は、マスクに関する研究内容を更新。マスクは他人の感染を防ぐだけでなく、着用者を守る役割もあるとした。

CDCは、新型ウイルス検査で陽性と分かった2人の美容師が139人の客を担当していたケースを紹介。研究者が客のうち67人を調べたところ、感染者はゼロだったとしている。美容師も客も全員、美容院でマスクを着けていたという。

また、米海軍空母セオドア・ルーズベルトの艦内おける集団感染の研究にも言及。マスク着用が感染拡大のリスクを70%減少させたとみられるとした。


新型コロナウイルス特集

感染対策

(英語記事 New York imposes 'last chance' virus restrictions

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54913174

関連記事

新着記事

»もっと見る