BBC News

2020年11月12日

»著者プロフィール

ジャスティン・ハーパー、ビジネス記者、BBCニュース

中国で最大規模のインターネット通販セール「独身の日」が11日まであり、高級ブランド品が売り上げを伸ばし、全体の取扱高は過去最高を更新した。

数字の1が並ぶ11月11日にちなんだ「独身の日」には、今年、バレンシアガやプラダなどの高級ブランドが初参加。高級ブランドの数は約200となり、昨年の2倍以上になった。

「独身の日」は、中国のオンライン小売最大手アリババが始めた。

アリババのネット通販サイト「Tモール」(天猫)の取扱高は、740億ドル(約7兆7900億円)に達した。

このセールは、新型コロナウイルスの打撃からいち早く立ち直りつつある、中国経済の調子を示すものと受け止められていた。

取扱高は順調だったが、アリババや中国の他のネット通販大手は今週、強大な市場支配権の抑制を目的とした新たな独占禁止規制の対象になると、政治から伝えられた。

中国最大のテクノロジー企業であるアリババの株価は、11日の香港株式市場で10%近く下落した。

高級品が売り上げ引っ張る

今年の「独身の日」の大きな特徴の1つは、参加した高級ブランドの多さだ。それらの多数はこれまで、ブランド価値を傷つけるのではないかと、値下げセールへの参加をためらっていた。

しかし今年、欧米市場での売り上げが伸び悩む中、多くの高級ブランドが初めて、「独身の日」での販売に乗り出した。

高級宝飾のカルティエは、アリババの動画配信サービス・タオバオライブで、ライブストリーミングのショーを開催。80万人近くの聴衆に向かい、2830万ドル(約30億円)のネックレスを紹介した。

あらゆる方法を

「世界的ブランドは売り上げを改善するため、あらゆる方法に注目している」と、デジタルコンサルティング企業ピュブリシス・サピエントのシニア小売アナリスト、アンディ・ハリウェル氏は話した。

「中国のように素早い回復を遂げた市場は、これらのブランドにとって、売り上げを伸ばすのに格好だ」

ハリウェル氏はまた、高級ブランドが、ロックダウンによって売れ残った春夏向けの在庫を売りさばくいい機会にもなっていると述べた。

「独身の日」に初参加したフランスのファッションブランド・クロエは、素早くハンドバックを売り切った。

時流に乗る

「国際ブランドにとって中国は極めて重要になっている。唯一の好調な市場だからだ」と、OC&Cストラテジー・コンサルタンツのパートナー、パスカル・マーティン氏は話した。

「この現実によって、他社のプラットフォームでの販売をためらっていたブランドが、時流に乗ることを決めた」


「高級ブランドは、大幅な値下げをせず、より広い客を相手にブランド価値を築きながら、この大規模パーティーに参加できると気づいた。ディオールは今年、それを初めて実行した」

死の恐怖

新型ウイルス感染症COVID-19による死の恐怖も、高級品の売り上げに影響を与えた可能性があると、香港浸会大学ビジネススクール教授のシャーリー・リ博士は指摘した。

「死の恐怖に直面した時、人間は心(本来的な欲求)に従い、本当に好きな物や欲しい物を手に入れようとしがちなことが、研究でわかっている」

「心配するのをやめ、『今を生きて』、もっと買おうとする」

一方、高級ではないブランドの中には、サイトへのアクセスを増やすために大幅な値引きをするよう、圧力を感じているところもあった。

「小売業者が消費者からビジネスの機会を得ようとしてマージンを減らすという、複雑ないたちごっこになっている」と、コンサルティング会社EYのパートナー、クリス・マリケン氏は話した。

「だが、お金に余裕のある消費者は、ますますお得な取引を期待している」

(英語記事 Luxury brands jump on China's retail extravaganza

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54913575

関連記事

新着記事

»もっと見る