BBC News

2020年12月18日

»著者プロフィール

イギリスのボリス・ジョンソン首相は17日、欧州連合(EU)との通商交渉で、欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長と電話会談した。会談後、交渉は「深刻な状況」にあると懸念を表明した。

ジョンソン首相は「期限は迫っている」と述べ、EUが「大胆な」路線変更しない限り、通商協定がない状態となる「可能性が非常に高い」と警告した。

一方のフォン・デア・ライエン氏は、特に漁業権をめぐる「大きな相違」を埋めるのは「とても困難」との見解を示した半面、「多くの問題で多くの進展がみられた」と評価した。

通商交渉は18日もブリュッセルで続けられる見通し。欧州議会幹部は、20日までに協定の草稿が決まらなければ、批准までの時間が取れないと話している。

交渉の究極的な期限は、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の移行期間が終了する12月31日だ。

<関連記事>

英首相官邸は電話会談のあとに声明を発表し、「イギリスは、EUの対等な競争環境(Level Playing Field)に関する妥当な要望に応える努力をしてきた。互いの溝は縮まったものの、基本的な部分で困難が続いている」と説明した。

「ジョンソン首相は漁業権について、イギリスが長期にわたって漁業水域へのアクセスを制御できない世界で唯一の国となり、自国の漁業とって大きく不利となるような割り当てに直面する状況は受け入れられないと述べた」

「この件におけるEUの立場はまったく妥当ではなく、合意に至るには大きな変更が必要だ」

イギリスのデイヴィッド・フロスト首席交渉官も首相の意見に同意し、「EUとの交渉の状況はきょう、とても深刻だった。進展は妨げられ、期限は迫っている」とツイートした。

大みそかまでの批准は可能か

欧州議会は20日を協定の草稿を確認する期限としている。一方、イギリスではクリスマスを前に、17日に議会が閉会している。

しかしマイケル・ゴーヴ内閣府担当閣外相は、EUとの協議はクリスマス後も続く可能性があると発言。クリスマスは「神聖な」日だが、この日に協定批准のために議会が再招集されることもありえると話した。

ゴーヴ氏はまた、20日までに協定の内容が出来上がらないと批准する時間がないと欧州議会が主張していることに対し、「協定の仮申請を行うこともできる」と述べた。

しかし議会のブレグジット委員会では、「最も可能性の高い結果」は、EUとの通商協定がないまま移行期間が終わることだと述べた。

野党議員からは、輸入に頼っている企業はすでに、交渉の遅れによる諸問題に直面しているとの指摘が相次いだ。

(英語記事 Brexit talks in 'a serious situation' says Johnson

提供元:https://www.bbc.com/japanese/55359142

関連記事

新着記事

»もっと見る