BBC News

2021年1月4日

»著者プロフィール

韓国政府は3日、2020年の年間死者数が出生数より多くなり、人口が自然減少していたと発表した。韓国は世界で最も出生率が低く、人口減少への懸念が高まっている。

韓国で昨年生まれた赤ちゃんは約27万5800人で、2019年から約10%減少した。一方、死者数は30万7764人だった。

行政安全部(内務省)はこれを受け、人口政策の「根本的な変更」が必要だと訴えた。

韓国では医療システムの需要増や年金受給額引き上げなど公的支出への圧力が高まっている。また、若年層の減少による労働力不足が経済に直接的な影響を与えている。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年12月、子どもを持つ家族への現金給付を含む人口政策を発表した。

2022年から導入されるこの政策では、子ども1人に付き妊娠期間中に200万ウォン(約19万円)を支給し、さらに子どもが1歳になるまで毎月30万ウォンを給付する。さらに、2025年からは毎月の給付額を50万ウォンに引き上げるという。


<解説> 韓国の出生率、なぜ低いのか ――ジュリー・ユン、BBCコリアン

韓国で出生率が低い原因の大部分は、女性が仕事と生活の両立に苦労していることによる。

キム・ヒュンユさんもその一人だ。4人きょうだいの最年長のキムさんは、自分も大家族を持つのが夢だった。しかし家族連れにはやさしくない韓国の現状に直面し、子どもを持つ計画を考え直している。

キムさんは最近、転職したが、産休が取れるかどうか不安を感じているという。BBCの取材でキムさんは、「周りにはまずキャリアを積んだ方が安全だと言われる」と話した。

また、住宅価格の上昇も大きな問題だ。キムさんは、住宅価格が急上昇している現状が、若いカップルに子どもを持つことをちゅうちょさせていると話した。

「子どもを持つには持ち家が必要。でも韓国でそれは叶わない夢になりつつある」

キムさんは、政府が提供する支援も不十分だと言う。

「子育てにはお金がかかる。政府からの数十万ウォンでは問題は解決しない」

(英語記事 Alarm as South Korea sees more deaths than births

提供元:https://www.bbc.com/japanese/55526594

関連記事

新着記事

»もっと見る