BBC News

2021年4月30日

»著者プロフィール

ブラジルで29日、新型コロナウイルスによる感染症COVID-19関連で亡くなった人の数が40万人を超えた。アメリカに次いでCOVID-19関連の死者数が多いブラジルでは、ワクチン接種がなかなか進んでいない。

ブラジル全国で24時間の間に確認された死者数は3001人。4月初めのピーク時には、1日に確認される感染者は4000人を超えていた。14日平均の感染者数・死者数はわずかに減りつつも、高止まりしている。

最も被害が大きかったのは3月から4月にかけての37日間で、その間に10万人の死亡を記録した。パンデミックが始まって以来、ブラジルでは1450万人以上の感染が確認されている。

ワクチン接種については、ワクチン不足のため一部の都市が接種を一時中止する羽目になっている。

英オックスフォード大学を拠点にした研究グループによるデータ集計サイト「Our World in Data」によると、ブラジルでは人口2億1200万人のうち少なくとも1回の接種を受けた人は約13%。

ブラジルの議会は27日、政府の新型コロナウイルス対策に対する調査を開始した。COVID-19をインフルエンザや風邪になぞらえ、感染対策のためのロックダウンの必要性を繰り返し否定してきたジャイル・ボルソナロ大統領は、その姿勢が広く批判されており、支持率は急落している。

一方で、ボルソナロ大統領の支持者たちは、ワクチン確保の遅れについて、ブラジル保健当局の認可が出るまで政府がワクチンを購入できなかったのは当然のことだと主張している。

ブラジルでは、全国的に調整された感染対策が実施されていないことに加え、感染力の高い変異株が感染急増の原因となった。複数の自治体で医療体制が逼迫(ひっぱく)したため、自治体ごとに厳しい行動制限を実施したことで、状況は改善し、今では各地の行動制限は緩和されつつある。

一方でブラジルの国立生物医学研究所、オズワルドクルズ財団(FIOCRUZ)によると、3割の州で今なお、集中治療室の病床使用率は9割以上で推移しており、状況は依然として「危機的」だという。

同財団は感染状況について「わずかに減少する傾向にあるが、抑え込めたわけではない」と報告を発表し、1日の死者数が多い状態は今後も続く見通しだと警告した。

議会が政府の感染対策を調査

政府による感染対策が適切だったか調べるため、議会は特別委員会を設置した。上院議員18人からなる委員会は、次について調べる。

  • ワクチン接種事業の遅れ
  • パンデミックの被害抑制を行ったか
  • 医療器具不足について
  • 科学的に効果があると示されていない抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の利用を促したことについて
  • 大統領は集団免疫獲得を目指して感染拡大を招いたのか
  • 致死率の高い変異株の流行がアマゾンで放置されたことで、先住民に対する「ジェノサイド(集団虐殺)」が行われたのか

また、連邦政府や州政府で刑事罰に相当する過失や汚職があったのかも分析する。調査結果は、政府を起訴する立場の当局に提出される。

国内ではボルソナロ大統領の弾劾罷免を求める声がすでに上がっており、この議会委員会の調査結果がそれに影響する可能性もある。ただし、大統領が実際に弾劾される可能性は低いと、多くのアナリストは見ている。

その一方で、ボルソナロ氏は来年の大統領選で再選を目指すのが確実視されており、委員会の調査結果は選挙の行方に影響する可能性もある。

ボルソナロ氏は委員会の調査について「心配していない」とコメントしている。

大統領は、ロックダウンによる経済への打撃は、ウイルスによる被害を大きく上回ると一貫して主張しており、多くの支持者もこれに同調している。


<解説> 死者は増え、支持率は下がる―――マーク・ロウエン、BBCニュース(サンパウロ)

ブラジルでワクチン接種がもっと速やかに進んでいれば、そしてロックダウンが実施されていれば、これほどの死者は出なかったかもしれない。しかし、ボルソナロ大統領は感染対策に消極的で、ブラジルは今や40万人以上の死を追悼している。

ブラジルで接種を1回受けた人は約13%に過ぎず、2回受けた人は6%だ。政府は昨年、米ファイザーから数千万回分のワクチン提供を断っているだけに、議会調査委員会はワクチン確保の遅れについても、経緯を調べることになっている。結果次第では、議会調査委が大統領の弾劾や刑事訴追を勧告することもあり得る。

ボルソナロ氏自身は相変わらず強気で、国軍を派遣してでも州政府によるロックダウン実施をやめさせる姿勢を見せている。大統領の支持者たちは、ワクチン確保の遅れについて、ブラジル保健当局の認可が出るまで政府がワクチンを購入できなかったのは当然のことだと、擁護している。

パンデミックによって、ブラジルの根深い政治的分断は、いっそう深刻化した。ボルソナロ氏は保守派の支持基盤にアピールを続けているが、世論調査によると国内の死者が増え続けるなか、大統領の支持率は下がりつつある。


(英語記事 Covid: Brazil passes 400,000 deaths amid slow vaccination

提供元:https://www.bbc.com/japanese/56938874

関連記事

新着記事

»もっと見る