BBC News

2021年5月2日

»著者プロフィール

オーストラリア政府は1日、新型コロナウイルスの感染が急拡大しているインドからの入国を、3日から禁止すると発表した。14日以内にインドに滞在した人が対象で、違反した場合は最大5年の禁錮刑や罰金が科される可能性がある。

オーストラリア保健省は、「インドでCOVID-19に感染し、隔離措置の対象となっている人の割合を考慮して」禁止措置を設けたと説明した。

入国禁止措置に違反すれば、最大5年の禁錮刑または6万6000豪ドル(約560万円)の罰金、あるいはその両方が科せられる可能性がある。禁止措置の継続については5月15日に見直しを行うという。

オーストラリアは4月27日に、インドからのすべての直行便の受け入れ停止を発表していた。

インドには推定約9000人のオーストラリア人が滞在しており、そのうち約600人は重症化リスクが高いとされる。

豪メディアによると、入国違反でオーストラリア国民が有罪となる措置の導入は初めて。

<関連記事>

グレッグ・ハント保健相は声明で、「政府は軽々しく決めたわけではない」と述べた。

「しかし、オーストラリアの公衆衛生と隔離システムの完全性を守り、隔離施設におけるCOVID-19感染者の数を管理可能なレベルまで減少させることが重要だ」

同省は人工呼吸器や個人用保護具などの緊急医療品を輸送することで、インドと合意したと明らかにした。さらに声明は「インドの人々、そしてオーストラリアのインド系コミュニティに思いを寄せている」とした。

インドでは確認された新型ウイルス感染者数が累計1900万人を超え、20万人以上が死亡したと報告されている。過去1週間では、1日あたり30万人以上の新規感染者が報告された。

自国民が海外で足止め

オーストラリアは昨年2月に新型ウイルスのパンデミックが始まって以降、国内への流入を防ごうと厳しい措置を導入してきた。感染率はほぼゼロで、死亡者数も他の国に比べてはるかに少ないが、多くのオーストラリア国民が海外で足止めされたままだ。

<関連記事>

インドからの入国が禁止されたことで、オーストラリアは自国民の帰国を完全に阻止することとなった。こうした国民を帰国させるため、さらなる対策を求める声が高まっている。

医師の1人は公共放送、オーストラリア放送協会(ABC)に対し、豪政府の対応はインドからの帰国者がもたらす脅威との釣り合いが取れていないと述べた。

「私たちの家族はインドで文字通り死にかけている(中略)彼らを脱出させる方法が全くないなんて、見捨てるも同然だ」

(英語記事 Australians returning from India could face jail

提供元:https://www.bbc.com/japanese/56960516

関連記事

新着記事

»もっと見る