BBC News

2021年6月10日

»著者プロフィール

世界で最も暮らしやすい都市はニュージーランドのオークランド――。英誌エコノミストが毎年まとめている都市の生活快適度ランキングで、今年はそんな結果が出た。新型コロナウイルスの流行が影響している。

このランキングは、エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が世界140都市を対象に、生活環境の安定度やインフラ、教育、医療の利用しやすさなどを分析してまとめている。

今年は、新型ウイルスのパンデミックが結果を大きく左右。ヨーロッパの都市が順位を落とし、オーストラリア、日本、ニュージーランドの街が評価を上げた。

1位はオークランドで、大阪、アデレード(オーストラリア)、ウェリントン(ニュージーランド)、東京が順に続いた。イギリスの都市は上位10位に入らなかった。

EIUは「オークランドは新型コロナウイルスのパンデミックをうまく抑制し、社会を機能させ続けた。そのことが高く評価され1位になった」とした。

都市が高評価を受けたオーストラリア、日本、ニュージーランドはいずれも島国で、感染の流行に素早く対応した。感染者を比較的少なく抑えるとともに、社会的な制限を緩和できた。

一方、欧州連合(EU)の国々は、ワクチン接種が当初うまく進まず、多くで厳しいロックダウンが実施された。

EIUは、「ヨーロッパ各都市は今年、特に低評価だった」、「順位を大きく落とした10都市のうちの8つがヨーロッパの都市だった」と説明した。

昨年1位だったウィーン(オーストリア)は12位に順位を下げた。ウィーンは近年、メルボルン(オーストラリア)と並んでトップの常連だった。

最も住みにくい都市は

最も大きく順位を落としたのはハンブルク(ドイツ)で、昨年から34位下げて47位になった。ドイツやフランスの都市は、新型ウイルスのパンデミックで医療資源への負荷が増したことで、評価が悪化した。

ランキング上位に大きな変動があった一方で、下位には目立った変化はなかった。

最下位はダマスカス(シリア)のままで、今も続く内戦の影響が大きい。下位の都市の多くは紛争に見舞われ、医療制度とインフラが影響を受けている。

住みやすい都市と住みにくい都市の上位10位は、それぞれ以下のとおり。


<最も住みやすい都市>

1位 オークランド(ニュージーランド)

2位 大阪(日本)

3位 アデレード(オーストラリア)

4位 ウェリントン(ニュージーランド)

5位 東京(日本)

6位 パース(オーストラリア)

7位 チューリヒ(スイス)

8位 ジュネーヴ(スイス)

9位 メルボルン(オーストラリア)

10位 ブリスベン(オーストラリア)


<最も住みにくい都市>

1位 ダマスカス(シリア)

2位 ラゴス(ナイジェリア)

3位 ポートモレスビー(パプアニューギニア)

4位 ダッカ(バングラデシュ)

5位 アルジェ(アルジェリア)

6位 トリポリ(リビア)

7位 カラチ(パキスタン)

8位 ハラレ(ジンバブエ)

9位 ドゥアラ(カメルーン)

10位 カラカス(ヴェネズエラ)


(英語記事 The most liveable city in the world revealed

提供元:https://www.bbc.com/japanese/57423170

関連記事

新着記事

»もっと見る