BBC News

2021年9月13日

»著者プロフィール

アメリカが20年にわたるアフガニスタン駐留の最後期に行ったドローン攻撃をめぐって、米メディアの調査で疑惑が生じている。

米紙ニューヨーク・タイムズワシントン・ポストはこのほど、米軍が過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員を標的にしたと発表した空爆が、実際には首都カブールで働いていた人道支援職員を殺害したと報じた。

また、標的になった車両が2次的な爆発を起こしたという米軍の主張と、両紙の持つ証拠が矛盾すると述べている。

米国防総省は、「差し迫った脅威」を排除したと信じていると述べている。

問題となっているのは、8月29日に米軍のドローンが実施したミサイル攻撃。6人の子供を含む家族10人が殺害されたと、この家族の親族はBBCに話した。

カブールでは8月末、アフガニスタンを掌握した武装勢力タリバンから逃れようとする外国人やアフガニスタン人の避難計画が進んでいた。26日には空港近くで自爆攻撃があり、米兵13人を含む100人以上が死亡。アメリカ軍は警戒を強めていた。

<関連記事>

米軍は標的となった人物について、攻撃前に身元などは知らなかったと発表。ただし、IS系組織「IS-K」の関係者だとみられるとしている。

マーク・ミリー統合参謀本部議長は当時、攻撃は「正義の空爆」だったと述べた。

ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストは、映像や画像の証拠を分析したほか、目撃者や専門家にも取材。両紙共に、証拠からは攻撃された車両に爆発物は積載されていなかったとみられると結論付けている。

また、標的になったのは米カリフォルニアに拠点を置く救援組織「栄養・教育インターナショナル(NEI)」で働いていたエズマライ・アフマディさん(43)だと特定。アフマディさんはアメリカへの移住申請を行っていたと報じた。

ニューヨーク・タイムズによると、米軍はISの隠れ家から出てきた白いセダンを追っていると信じていた。また、通信傍受の内容から、何かを回収したり運んだりするためにあやしい場所に立ち寄っていると思い込んでいた。

そのうちの1カ所について米当局は、爆発物が入っていた可能性のある重い荷物を受け取っていたようだと話している。

これに対し同紙は、監視カメラの映像では、アフマディさんはノートパソコンや水の入った容器を受け取っていたと指摘。アフガニスタンは現在、水不足に見舞われているため、日常的な行動だったと、アフマディさんの同僚は話している。

アフマディさんはその後、車で帰宅した。米軍のドローン操作員は、アフマディさんが別の男性と話しているのを見て攻撃を決めたと報じられている。しかしその後、アフマディさんの周囲には家族が集まっていた。殺害されたうち最年少の子供は2歳だった。

NEIのスティーヴン・ウォン会長はワシントン・ポストに対し、同組織ではトヨタ自動車の白いセダンを保有していると述べた。

ウォン会長はまた、「私たちは人々を助けようとしているのに、なぜ人を殺すための爆発物を持つ必要があるのか?」と、ISとの関連を否定した。

ニューヨーク・タイムズによると、IS-Kはその後、ロケット砲による攻撃を行ったと認めた。ロケット砲は、アフマディさんのものと似ているトヨタのセダンから発射されたという。

爆発物は?

国防総省は、ドローン攻撃直後に大規模な爆発があったことから、セダンの車内に爆発物があったと主張している。

しかし両紙は、これについては証拠に乏しいと述べている。

ワシントン・ポストは、専門家に現場写真の分析を依頼。そのうちの1人、フェレンク・ダルノキ=ヴェレス氏は、車の中に大量の爆発物があった可能性はきわめて低いと指摘した。また、揮発した燃料が2回目の爆発につながったかもしれないと述べた。

爆発後分析の専門家ブライアン・キャストナー氏は、2回目の爆発は「単に車が燃えたか、ガソリンやオイルによるものだろう」と結論付けた。

ニューヨーク・タイムズも3人の兵器専門家の意見を引用し、爆発の証拠が少ないと指摘。現場近くの門は1カ所しかへこんでいないことや、壁がまったく吹き飛ばされていないこと、中庭にあった2台目の車がひっくり返っていないこと、周囲の植栽にダメージがないことなどを挙げた。

アメリカ政府の反応は

このドローン攻撃について、全体的、あるいは最終的な報告書はまだ出ていない。

AFP通信によると、国防総省のジョン・カービー報道官は一連の報道について、統合参謀本部はこの攻撃の「分析を続けている」とした一方で、「市民の犠牲を防ごうと、我々以上に努力してきた軍隊はない」と強調した。

「ミリー議長が述べたように、この攻撃は良質な情報に基づいて行われており、空港や米兵に対する差し迫った脅威を排除したと信じている」

(英語記事 US media cast doubt on Kabul drone strike

提供元:https://www.bbc.com/japanese/58541728

関連記事

新着記事

»もっと見る