BBC News

2021年9月22日

»著者プロフィール

新型コロナウイルス対策の厳しいロックダウンが実施されているニュージーランドの主要都市オークランド郊外で、自動車のトランクいっぱいのケンタッキーフライドチキン(KFC)と多額の現金を市外から市内にひそかに運び込もうとしたとして、ギャング関係者とされる男性2人が警察に逮捕された。警察が20日、明らかにした。

逮捕されたのは23歳と30歳の男性。オークランドの南方約120キロに位置するハミルトンから、オークランドに移動していたという。

逮捕容疑は、ニュージーランドの厳格な新型コロナウイルス対策の規則に違反したというもの。

警察が撮影した写真では、少なくとも3つのバーレルに入ったチキンと、10カップほどのコールスロー、大きな容器に入ったポテト、その他のKFCの関連品が詰まった大型の袋4つを押収したことが確認できる。

現金10万ニュージーランドドル(約770万円)も併せて見つかったという。

オークランドでは、レベル4の厳格なロックダウンのもと、持ち帰りの店を含むすべての飲食店が閉鎖されている。

チキンについては、容疑者2人が売ろうとしたのか、それとも警察に呼び止められた場合に注意をそらす道具として使おうとしたのか、まだ明らかになっていない。

警察から逃げようとした?

警察の報道官はBBCに、オークランド郊外の砂利道を走行する怪しげな自動車を見つけたことをきっかけに、逮捕に至ったと説明した。

「その自動車は警察車両を見るなりUターンし、急いで警察から逃げようとした」

「車両を捜索したところ、空の袋と大量の持ち帰り食品と共に、現金を発見した」

報道官によると、容疑者2人は今後、公衆衛生の規則に違反した罪で、裁判を受ける見込み。ただ、捜査は継続しており、別の罪状にも問われる可能性が高いという。

深夜に食べ物を運ぶというリスクの大きい行動を取った2人は、ニュージーランドの厳しいCOVID対策法に基づいて、重い罰を受ける可能性がある。罰金は最高4000ニュージーランドドル(約30万円)で、最長6カ月の禁錮刑に処される可能性もある。

マクドナルドをめぐっても

ファストフードを食べたいという強い思いがトラブルを招いたのは、同国でこれが初めてではない。

先週には、オークランド市外へと移動してマクドナルドで大量の食べ物を購入した男性(20)が、その様子を撮影し、動画アプリTikTokに投稿。その後、訴追された。

オークランドは21日真夜中から、レベル3のロックダウンに移行した。規制は緩和されたが自由はまだ厳しく制限されており、市民は通学と通勤、買い物を除いて自宅から出られない。

国内の他の地域はレベル2のロックダウンが実施されている。商店やレストラン、バー、ナイトクラブなどは営業可能となっている。

(英語記事 Men caught sneaking KFC into lockdown-hit Auckland

提供元:https://www.bbc.com/japanese/58647449

関連記事

新着記事

»もっと見る