BBC News

2021年9月24日

»著者プロフィール

オランダ・フローニンゲン市の少年(12)が新型コロナウイルスのワクチン接種を求める訴訟を起こし、勝訴した。死期が迫った祖母に面会するためで、接種には少年の父親が反対していた。

裁判官は、ワクチン接種によって、がんが進行した祖母にウイルスを伝染させる確率が減ると判断した。

オランダでは12~17歳のワクチン接種が承認されているが、両親の同意が接種の条件となっている。

同国ではワクチンへの不信感が高まっている。

父親の主張に裁判所は

フローニンゲン地裁のバート・トロンプ裁判官は、父親の懸念より少年の利益のほうが重要だとして、少年が速やかにワクチン接種を受けられるべきだと判断した。

裁判所に出された書面によると、少年は祖母とできる限り長い時間を過ごしたいと願っている。祖母は転移性の肺がんを患っており、「人生の終末期」にあるという。

父親は裁判で、ワクチンは「試験段階」にあるとし、生殖器官を危険にさらすと主張。しかし裁判官は、科学的根拠がないとして、これを退けた。

母親は支持

父親はまた、子どもは新型ウイルスで深刻な病状に陥る可能性が低い一方で、ワクチン接種によって長期コロナ感染症になる恐れがあると訴えた。また、他人にうつす危険性も低いとした。

少年の母親は、裁判所の決定を支持した。母親と父親は離婚している。

オランダの法律では、両親の意見が一致しない場合、子どもの最善の利益を裁判官が決めることになっている。

(英語記事 Dutch boy wins court battle for right to Covid jab

提供元:https://www.bbc.com/japanese/58674297

関連記事

新着記事

»もっと見る