2022年大河ドラマの主人公が鎌倉幕府2代執権・北条義時に決まったと発表され、主演が小栗旬、脚本が三谷幸喜ということもあり、放映前から話題を呼んでいます。源頼朝の妻・北条政子の弟である義時を、三谷氏がどのように描くかが大変注目されます。ここでは義時とその時代を理解する上で、お薦めの書籍をご紹介します。

1 執権義時に消された13人 闘争と粛清で読む「承久の乱」前史

  榎本 秋 著

執権義時に消された13人   闘争と粛清で読む「承久の乱」前史

榎本 秋 著
書籍詳細を見る

激動の時代に「一人勝ち」できた2代執権・北条義時! 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(主演・小栗旬)の主人公です。ドラマのタイトルの「13人」は鎌倉時代初期の合議制でのメンバーのことですが、北条氏だけ時政・義時の親子が名を連ねているのです。義時はやがて「執権」として、武力や陰謀を駆使して他氏を排除し、やがて朝廷との戦いに勝利するのです。

本書はドラマとは少し視点を変え、陰謀や讒言で排された者、敵対勢力に取り込まれ追いやられることになった者、巻き添えを食って不幸な運命をたどった者らを、「鎌倉殿の13人」にちなんでピックアップ。その顔ぶれを一部紹介すると…

・一族繁栄の礎を築くも実子義時に追放された「北条時政」

・頼朝の寵臣として権勢を振るうも讒言を機に失脚した「梶原景時」

・後ろ盾の比企氏を失い北条氏により追放、暗殺された「源頼家」

・義時の挑発で挙兵するも一族ともに滅亡に追いやられた「和田義盛」

・義時追討の院宣を出すも承久の乱に敗れ配流となった「後鳥羽上皇」

・義時と対立し上皇方についた三浦一族の御家人「三浦胤義」

彼らの生涯を知ることで、鎌倉時代初期が一体どんな時代だったのか、その中で北条氏がいかに生き残ったかがくっきりと浮かび上がるはずです。大河ドラマの異色の関連本としておすすめの1冊です。

 

2 征夷大将軍になり損ねた男たち トップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史

  二木謙一 編著

征夷大将軍になり損ねた男たち トップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史

二木謙一 編著

書籍詳細を見る

 

日本史の中で武家政治のトップに君臨したのが「征夷大将軍」です。ただ、将軍と言えども、その名にふさわしく強権を振るったかと思えば、名目上のトップにすぎず実権がなかったりと、時代により「将軍」の立ち位置は大きく異なるようです。

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公は北条義時(小栗旬・主演)。激動の時代に実力で頼朝側近や有力御家人、源氏将軍、実父、京の天皇・上皇まで排すという、日本史の中では異色の人物といえます。ただ、不思議なことに源氏将軍に替わって自身が「将軍」になろうとはせず、あくまで「執権」として武家政治の頂点に君臨。名より実をとることで、意図的に将軍の「なり損ない」を選択したのかもしれません。

本書の編著者は大河ドラマの時代考証を実に14作品も務めたことで知られる歴史学者・二木謙一先生。本書での派閥や血統、人望、讒言などを理由に将軍の座をめぐる争いに敗れた者に目を向けるというユニークな着眼点は、現代の組織の中で生きる私たちにも何かしら参考になることでしょう。

本書では大河ドラマに登場する武田信義、貞暁、平賀朝雅、阿野時元、頼仁親王など平安から鎌倉期の人物を15名取り上げています。ほかにも室町・戦国時代の人物を13名、江戸時代の人物を14名取り上げるなど、歴史ファンには読みどころ満載の異色の人物日本史です。