BBC News

2021年10月14日

»著者プロフィール

ノルウェーで13日、男性が弓矢で人々を襲い、5人が死亡、2人が負傷した。警察によると、容疑者のデンマーク人男性(37)が拘束された。

警察などによると、同日午後6時13分ごろ、首都オスロの南西にある町コングスベルグで襲撃があったとの通報があった。

襲撃は、同町西部にあるスーパー「コープ・エキストラ」の店内で始まったとされる。けが人の1人は非番の警察官で、当時店内にいたという。

容疑者はその後、店外に出た。警察は町の一部を封鎖した。警察が現場検証と証拠集めをする間、住民は戸外に出ないよう指示された。

容疑者は駆け付けた警官らと対峙(たいじ)した後、逃亡した。しかし、午後6時47分に拘束されたという。

単独での犯行か

警察署長は、拘束した男性容疑者による単独犯行とみられると述べた。また、テロの可能性や、弓矢以外の武器の使用についても捜査しているとした。

スーパー本部の広報担当は、チェーン店の1つで「深刻な出来事」があったと説明。従業員に大きなけがを負った人はいないとした。

現場周辺には救急車や警察車両が集まり、ヘリコプターも飛来するなどして騒然となった。

ロイター通信によると、エルナ・ソルベルグ首相は事件の報道について「恐ろしい」と述べた。同首相はこの日が退任日だった。

警察当局は国内の全警官に対し、銃器を携行して特別警戒に当たるよう指示した。ノルウェーでは通常、警官は武器を持ち歩かない。

警察は、国内の警戒レベルを上げる動きはないとしている。

「弓を手に持っていた」

事件を目撃した女性は、現場付近で女性が身を潜めていたのを見たと、現地テレビ局TV2に話した。「通りの角に男性が立っていて、矢の入った矢筒を肩にかけ、弓を手にしていた」という。

「それから、懸命に走る人たちを見た。その中には、子どもの手を握っている女性もいた」

拘束された容疑者は、別の町ドランメンの警察に移送された。弁護士によると、捜査当局に協力的だという。

(英語記事 Five dead in Norway bow and arrow attack

提供元:https://www.bbc.com/japanese/58895409

関連記事

新着記事

»もっと見る