BBC News

2022年4月25日

»著者プロフィール

フランス大統領選の決選投票が24日に行われ、中道派の現職エマニュエル・マクロン氏(44)が再選される見通しになった。同日午後8時(日本時間25日午前3時)の投票締め切りと同時に、フランスの複数メディアが得票見通しを報じた。極右「国民連合」の下院議員マリーヌ・ルペン氏(53)は敗退が確実となった。マクロン氏が得票率58%、ル・ペン氏が同42%の見通し。

欧州連合(EU)やアメリカとの連携を重視するマクロン氏が「私は全員の大統領だ」と勝利を宣言した一方、EUやアメリカとは距離を置き、ロシアとはかねて近い関係を維持してきた極右ル・ペン氏は、敗北を認めた上で、自分は決してフランス国民を諦めたりしないと演説した。

ル・ペン氏は地方やフランス領で自分に投票した有権者に感謝し、「忘れられがちなこのフランスも、私たちは忘れない」と約束。6月に予定される下院選では「国民連合」が「大々的な戦い」を展開すると述べた。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-61206558

関連記事

新着記事

»もっと見る