BBC News

2022年5月10日

»著者プロフィール

ロシアの侵攻が続いているウクライナで活躍している爆発物探知犬が表彰された。ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は8日、ジャック・ラッセル・テリアの「パトロン」にメダルを授与した。

2歳半のパトロンはこれまでに200個以上の地雷を発見し、撤去に貢献した。また、ロシアへの抵抗を象徴する国家的な英雄にもなっているという。

ゼレンスキー大統領は授与式で、「すでに我々の土地から地雷を除去している、ウクライナの英雄たちを表彰したい。爆発物を無効化するだけでなく、地雷の脅威がある地域で必要な安全ルールを子どもたちに教えてくれる、素晴らしい小さな兵士、パトロンも共に」と述べた。

式典には、ウクライナを訪問中だったカナダのジャスティン・トルドー首相も出席した。トルドー氏は、ウクライナへの兵器などの提供を発表した。

パトロンと飼い主のミハイロ・イリエフ氏がメダルを授与されると、トルドー氏は犬のおやつを探すようにポケットをたたく仕草をした。

パトロンはウクライナ人の愛国心の中心的に存在となっており、政府のソーシャルメディアが投稿する動画にもたびたび登場している。

また、国中のファンによってパトロンを描いた絵画や編みぐるみが制作されている。中には、トレードマークになっている安全ベストを着用したパトロンが、ロシアのミサイルに尿をかけている絵や、緑あふれる公園と爆撃を受けた建物の2つを背景にパトロンが座っている絵もあるという。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61390756

関連記事

新着記事

»もっと見る