BBC News

2022年5月15日

»著者プロフィール

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は14日、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請する方針を表明したフィンランドに対し、中立の放棄は「過ち」だと警告した。

ロシア政府によると、プーチン氏はフィンランドのサウリ・ニーニスト大統領との電話会談で、「フィンランドへの安全保障上の脅威はない。そのため、伝統的な軍事的中立政策を終えてしまうのは、過ちになる」と強調した。

また、「フィンランドの政治的指向の変化は、パートナー同士として善隣友好と協力の精神に基づき長年にわたって発展させてきたロシアとフィンランドの関係に、悪影響を及ぼす可能性がある」と述べたという。

一方でニーニスト大統領は会談内容について、ウクライナ侵攻に加え、最近のロシアの動きが「フィンランドの安全保障環境を変化させた」と、プーチン氏に伝えたことを明らかにした。

「会談は直接的で率直なもので、言い争いはなかった。お互いに、緊張回避の重要性を認識していた」と、ニーニスト氏は述べた。

フィンランドはロシアと全長1300キロにわたって国境を接している。これまではロシアとの対立を避けるため、NATO非加盟の方針を貫いていた。

しかし、フィンランドのニーニスト大統領とサナ・マリン首相は12日、NATOへの加盟申請を行うべきだとする共同声明を発表した

ウクライナ侵攻を受け、隣国スウェーデンもNATO加盟の意向を示唆している。


トルコが加盟に反対

ただし、両国のNATO加盟には、加盟国のトルコが反対している。トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、両国が「テロ組織」をかくまっていると非難している。これは、トルコ政府がテロ組織と見なすクルド労働者党(PKK) やクルド人民防衛隊(YPG)を意味する発言と受け止められている。

スウェーデンとフィンランドの両国にはクルド人コミュニティーがあり、スウェーデンではクルド系の国会議員もいる。エルドアン大統領は、両国内のこうしたコミュニティーにPKKとかかわりがあるという証拠を示していない。

両国とトルコの外相たちは近く会談し、この件について協議する予定。

(英語記事 Putin warns Finland joining Nato would be 'mistake'

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61453658

関連記事

新着記事

»もっと見る