2022年6月26日(日)

BBC News

2022年6月6日

»著者プロフィール

韓国軍と米軍は6日、地対地ミサイル8発を発射したと発表した。前日に北朝鮮が日本海に向けて、短距離弾道ミサイルを計8発を発射したことに対抗してのもの。

韓国軍の合同参謀本部によると、米軍と共に、6日午前4時45分ごろからおよそ10分間、北朝鮮が発射したのと同じ計8発の地対地ミサイル「ATACMS」を発射した。1発は米軍が、7発は韓国軍が発射したという。

韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は、北朝鮮のあらゆる挑発に断固として厳正に対応すると述べ、「この国の人の命と財産を守るため、ひとつのひび割れもないようにしていく」と強調した。

朝鮮戦争の戦没者などを追悼する式典で演説した尹大統領は、北朝鮮の核開発・ミサイル計画について、「朝鮮半島の平和を脅かすだけでなく、北東アジアと世界を脅かすレベルに達しつつある」とも述べた。聯合通信が伝えた。

米韓両軍は4日まで北朝鮮を念頭に合同軍事演習を実施していたため、北朝鮮がこれに反発した可能性がある。

北朝鮮は5月25日にも、日本海に向けて計3発の大陸間弾道ミサイルなどを発射。ジョー・バイデン米大統領が前日に日韓訪問を終えて帰国の途に就いたタイミングだった。この時も米韓両国は、韓国軍の弾道ミサイル「玄武2」と米軍のATACMSを1発ずつ発射し、北朝鮮をけん制していた。

北朝鮮のミサイル発射に韓国がこうして対抗するのは、文在寅前政権ではほとんどなかった。5月に就任した尹大統領は、北朝鮮に対して前任者よりも強い姿勢で臨むと表明している。

北朝鮮の国営メディアは5日のミサイル発射について伝えていない。最近ではこれは異例のため、新型コロナウイルスの感染拡大に注力しているからかもしれないと言うアナリストもいる。

(英語記事 South Korea and US fire missiles in warning to North Korea

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61702538

関連記事

新着記事

»もっと見る