2022年7月2日(土)

BBC News

2022年6月9日

»著者プロフィール

5月に米テキサス州ユヴァルディの小学校で起きた銃乱射事件で生き残った生徒が8日、連邦下院で証言した。同級生の血を体に塗りつけて死んだふりをしたことや、担任教諭が殺された瞬間などを語った。

この生徒はミア・セリヨさん(11)。「犯人は先生に『goodnight(お休み)と言ってから、先生の頭を撃った」、「それから同級生も何人か撃たれた」と述べた。

先月24日に発生した事件では、児童19人と教諭2人が死亡。アメリカではこの事件をきっかけに、銃規制をめぐる議論が再燃している。

しかしこれまで、厳しい銃規制を敷こうとする試みは停滞してきた。

この記事には読者が苦痛を覚えるかもしれない内容が含まれます

下院ではこの日、銃による暴力の問題に関して委員会が開かれ、ミアさんが事前に収録した証言動画が流れた。ミアさんはまず、教諭が犯人の姿を見た後、生徒たちに隠れるよう指示したと語った。

生徒たちが机の下などに隠れた後、この教諭は18歳の犯人に殺害された。

ミアさん自身も、襲撃の際の破片で肩や頭にけがを負った。死んだふりをした後、教諭の携帯電話で警察に通報したという。

「犯人が教室に戻ってくるかもしれないと思ったので、同級生の血を手に取って身体中に塗りつけました。そして静かにしていたんです」

「こういうことはもう起きてほしくない」とミアさんは述べた。

父親のミゲル・セリヨさんは、ミアさんがこの事件で長引くトラウマを負っていると語った。

ミゲルさんは涙ながらに、「かつて私が一緒に遊んだ娘はもういません」と証言。「学校はもう安全な場所ではない。何かが本当に変わらないといけない」と述べた。

委員会ではこのほか、この事件で殺されたレクシ・ルビオさんの両親も証言した。

キンバリー・マタ=ルビオさんは、「アメリカのどこかで私たちの証言を聞いている母親は、『そんな痛みは想像できない』と思っているでしょう。今行動しなければ、いつか私たちの現実がその母親にもやってきます」

<関連記事>

ユヴァルディ在住の医師ロイ・ゲレロさんは、事件現場で目撃した負傷者について語った。

「2人の子供は、発砲された弾丸で体が粉々になり、頭部が離れ、肉が引き裂かれていました。2人の身元を特定できるのは、身体にこびりついていた、まんがの絵の柄の血まみれの服だけでした」

ゲレロさんはその上で、政治家はいわば医師であり、この国が患者だと述べた。

「私たちは、ロッブ小学校や他の多くの学校の子どもたちと同じように弾丸を浴びせられた状態で、手術台に横たわっています」

「私たちは出血しているのに、(医者である)あなたたちはいないんです」

ユヴァルディでは8日、レクシさんの同級生で、やはり事件の犠牲となったアナベル・ロドリゲスさんとゼイヴィエ・ロペスさんの両親らが、2人を墓地の隣同士に埋葬すると発表した。

10歳だった2人は恋人同士で、事件のわずか数時間前に学校の前で一緒に写真を撮っていたという。

米司法省は8日、この事件をめぐる警察の対応について検証すると正式に発表した。現場の学校では当日、子どもたちが必死に警察に通報する中、警官らが廊下で待機していたことが明らかになっている。

与党・民主党が多数を占める連邦下院はこの日、半自動小銃の購入年齢を18歳から21歳に引き上げる法案と、大容量の弾倉を禁止する法案を可決した。

しかし、野党・共和党と拮抗(きっこう)している上院を通る見込みは低いという。

共和党の上院議員50人のうち、新たな銃規制の制定に前向きなのは一握りに過ぎない。そのため民主党は、妥協案としてより狭い範囲の法案を模索している。上院は今週末までに何らかの最終的な合意に達する見通しだ。

民主党が提出した法案のうち、精神疾患や犯罪歴のある人が銃火器を購入できないようにする「レッド・フラッグ法」や、個人による銃販売にも購入者の身元確認を拡大適用することなどが、特に国民の支持を集めている。

「学校に武装ボランティアを」

一方の共和党は、銃規制ではなく、学校の安全対策の強化が最善策だと主張している。

銃販売店のオーナーでもあるアンドリュー・クライド下院議員(ジョージア州)は委員会で、軍での経験から、「標的にされにくくなるほど、敵と向き合う可能性は下がる」と学んだと語った。

また、すでに学校に常駐している武装警官を助けるために、「よく訓練され、武装したスタッフによるボランティア部隊」の創設を呼びかけた。

首都ワシントンでの集会に参加した、銃規制活動家のシャノン・ワッツさんは、事件の生存者の証言や、変化を求める多くの国民の声が、政府の行動につながる「力強い」声になると語った。

「今、この問題に焦点が当たっています。銃乱射の悲劇が起きると、ようやく本気で行動しようと決心する人が増えるんです」

(英語記事  Uvalde survivor covered herself in friend's blood

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61741733

関連記事

新着記事

»もっと見る