2022年6月25日(土)

BBC News

2022年6月22日

»著者プロフィール

5月の銃乱射事件で生徒19人と教諭2人が死亡した米テキサス州ユヴァルディ市のロッブ小学校が、取り壊されることになった。ドン・マクラフリン市長が21日、市議会で方針を示した。一方、同州の公安当局トップは、事件当時の警察の対応に「ひどい失敗」があったと、州議会で述べた。

マクラフリン市長は、いつ取り壊すかは明らかにしなかった。

「学校は取り壊されるというのが私の理解であり、教育長とも話し合った内容だ。子どもや教諭にあの学校に戻れというのは無理だ」

ロッブ小学校には、2~4年生の約600人が在籍している。

テキサス州上院議員は先月、ジョー・バイデン大統領が学校の取り壊しを提案したと、地元メディアに語っていた。

<関連記事>

アメリカで銃乱射事件の後に学校が取り壊されたケースは、これまでもある。

コネティカット州ニュータウンのサンディ・フック小学校は、2012年に6~7歳の児童20人と教職員6人が銃撃される事件が起きた後、取り壊された。新たな学校が同じ土地に建てられた。

テキサス州の公安当局トップのスティーブン・マックロー氏は、21日の州上院の公聴会で、ロッブ小学校に犯人が侵入した3分後には、犯行を阻止するのに十分な警官がいたと述べた。

警官らは突入するまで、教室の外で1時間以上待機していたとされる。

マックロー氏は、警察の対応について「ひどい失敗」だったとし、現場での対応を指揮したユヴァルディ学校警察のトップ、ピート・アレドンド氏が、「無線とライフル、盾、特殊部隊(SWAT)を待った」と説明。子どもたちの命より警官の命を優先させたと非難した。

アレドンド氏は今月になって、自らが現場指揮官だったとは考えていないとし、警官の突入を待つよう命じてもいないと、地元紙に語った。

5月24日に発生し、サルヴァドール・ラモスという名の18歳の少年の犯行とされたこの事件は、アメリカで銃規制に関する議論を再燃させている。

米連邦上院は21日、銃乱射事件に対応する新たな法案を可決へと前進させた。同法案は、ここ数十年における最も重要な銃規制と呼ばれている。

(英語記事 Site of Texas school shooting to be demolished - mayorTexas shooting response 'abject failure' - official

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61891162

関連記事

新着記事

»もっと見る