2022年6月30日(木)

BBC News

2022年6月24日

»著者プロフィール

米スポーツウェア大手ナイキは23日、ロシアからの撤退計画を発表した。2月にロシアがウクライナを侵攻して以来、西側の有名企業が相次ぎロシアから撤退しており、その最新の動きとなった。

ナイキは3月、オンライン販売を停止し、同国に所有する店舗を閉鎖していた。

ナイキは、「ロシア市場からの撤退を決断した」とする声明を発表。「今後数カ月かけて責任をもって事業を縮小する。その間に、従業員を全面的にサポートすることが優先事項だ」とした。

一方、米ネットワーク大手シスコも、ロシアとベラルーシでの事業の完全中止に向かうと明らかにした。

ここ数週間ではこのほか、マクドナルドやスターバックスなども、ロシアからの撤退計画をまとめている。

フランチャイズ契約も縮小

ナイキによると、現地パートナーが運営する店舗は営業を続ける。ただ同社は、そうした店舗との契約を減らしているという。

ナイキのウェブサイトによると、ロシアには50以上の店舗があり、うち約3割が閉鎖されている。

<関連記事>


ロシアのメディアは先月、ナイキが同国で最大のフランチャイズ契約を終了させると報じた。この契約には37店舗が絡んでいる。

同社はこれまでに、ロシアとウクライナを合わせた売上高は全体の1%に満たないと公表している。

シスコも撤退へ

シスコも23日、「ロシアとベラルーシにおける事業の秩序ある整理縮小を開始すると決定した」と発表した。

同社によると、この決定で数百人の従業員が影響を受ける。そうした人たちが「敬意を持って扱われる」ことを保証していくという。

同社の広報担当は、「この困難な時期において、従業員、ウクライナの各機関や国民、顧客、パートナーの支援に、シスコは引き続き全力を尽くす」と述べた。

シスコは3月にすでに、ロシアでの販売やサービス提供などの事業をやめている。第3四半期の収益は2億ドル(約270億円)の打撃を受けた。

撤退企業を罰する法整備

ロシアはウクライナを侵略して以来、経済的孤立を深めている。西側諸国と同盟国から制裁が科され、国際的企業も撤退している。

ロイター通信によると、ロシアは現在、撤退を予定している外国企業を罰し、政府がその資産を差し押さえ、刑事罰を科すことを可能にする法案を作成中だという。

(英語記事 Nike latest brand to leave Russia permanently

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61919659

関連記事

新着記事

»もっと見る