2022年8月18日(木)

BBC News

2022年7月18日

»著者プロフィール

西アフリカのガーナ政府は17日、致死率の高いマールブルグ・ウィルスによる感染症の発生を公表した。患者2人はこのほど、南部アシャンティ地方の病院で死亡したという。

死亡した患者2人から採取した検体から、今月初めに陽性が確認された。さらに、セネガルの研究所でも、マールブルグ・ウィルスが検出されたという。

ガーナの保健当局は、98人を濃厚接触者として隔離しているという。

マールブルグ・ウイルスは、エボラ出血熱を引き起こすエボラ・ウイルスと同じ、フィロウイルス科に属する。

マールブルグ病の治療法は確立していないが、水分をたくさんとり、発症する症状を治療することで、生存率が高まると医療関係者は言う。

このウィルスは多くの場合、アフリカの熱帯雨林に生息するオオコウモリ(フルーツバット)が媒介する。感染者の体液に触れることでも感染する。

症状は、頭痛や高熱、筋肉痛などで、症状が進むと出血するほか、嘔吐物や便に血が混ざるようになる。

現地当局は住民に、洞窟(どうくつ)を避け、肉は食べる前に十分に加熱するよう呼びかけている。

世界保健機関(WHO)によると、アフリカではこれまでに、アンゴラ、コンゴ民主共和国、ケニヤ、南アフリカ、ウガンダで、感染症例が報告されている。マールブルグ病が初めて確認されたのは1967年、当時の西ドイツ・マールブルクで、7人が死亡した。

2005年にはアンゴラで200人以上が死亡。記録上は、最大規模のマールブルグ・ウイルス集団感染だった。

(英語記事 Ghana confirms first cases of deadly Marburg virus

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62202385

関連記事

新着記事

»もっと見る