2022年8月14日(日)

BBC News

2022年7月19日

»著者プロフィール

ロシアの独立系テレビ「ドシチ(TV Rain)」が18日、4カ月ぶりに放送を再開した。同テレビ局はロシアのウクライナ侵攻に関する報道をめぐり、閉鎖に追い込まれていた。

ドシチはモスクワ時間18日午後8時(日本時間19日午前2時)に、ラトヴィアの首都リガにあるテレビ局から、ニュース番組「Here and Now」を再開。ユーチューブで配信した。

欧州連合(EU)の放送ライセンスを獲得しており、秋には全ての番組を再開できる見込み。リガに加え、アムステルダムやパリ、ジョージアの首都トビリシから放送するという。

しかしアナリストらは、ロシアのほとんどの人が同局の放送を目にできるのは、仮想プライベートネットワーク(VPN)を介したユーチューブだけとなる可能性が高いと指摘している。

<関連記事>


ロシア当局は3月初め、ウクライナ侵攻を「戦争」と呼んだとしてドシチを閉鎖。多くの従業員がロシアを離れ、国外からチャンネルの再建を進めていた。

当局はドシチについて、「過激派を扇動し、ロシア国民を虐待し、公共の平穏と安全を大規模に混乱させ、抗議活動を奨励した」と批判した。

ロシア政府が改正した刑法では、ロシア軍に関する「偽情報」の拡散を違法化。これには、ロシア当局が「特別軍事作戦」と呼ぶウクライナ侵攻を別の呼称で呼ぶことも含まれている。

この法律により、ノーベル平和賞受賞ドミトリー・ムラノフ氏が編集長を務める独立系新聞「ノーヴァヤ・ガゼータ」をはじめとする主要な独立系またはリベラル寄りのメディアはすべて、閉鎖か海外移転を余儀なくされた。

(英語記事 Russia's independent TV Rain channel back on air

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62217364

関連記事

新着記事

»もっと見る