2022年8月14日(日)

BBC News

2022年7月28日

»著者プロフィール

昨年1月の連邦議会襲撃事件をはじめ2020年米大統領選の結果を覆そうとした動きについて、米司法省がドナルド・トランプ前大統領の行動を調べていることが明らかになった。米紙ワシントン・ポストが26日、最初に報じた。

ワシントン・ポストによると、連邦検察官が大陪審を前に、これまでに複数人から事情を聴き、昨年1月6日の議会襲撃に至る数カ月間で、トランプ氏と側近がどのようなやりとりをしていたかについて、証言を得ているという。

ジョー・バイデン大統領の当選を連邦議会が承認するのを阻止するため、トランプ氏が側近たちにどのように指示したかについて、司法省は複数の証人に長時間にわたり詳細に質問したという。

同紙によると司法省はさらに今年4月の時点で、トランプ政権の幹部や側近の電話記録を入手しているという。

米CBSニュースもこれを受けて、捜査内容を知る米政府筋や、司法省が大陪審に提示した情報の内容を知る消息筋から、報道内容を確認したと伝えた。

複数の米報道によると、司法省が事情聴取した相手には、マイク・ペンス前副大統領のスタッフ幹部も含まれる。

起訴の可能性について司法長官は

司法省はこれまで、選挙結果を覆そうとした疑いでトランプ氏自身を訴追する方針の有無について、言及していない。トランプ氏の役割について司法省が関係者から事情を聴いているからといって、トランプ氏本人を刑事訴追の対象にするとは限らない。

メリック・ガーランド司法長官は26日放送の、米NBCニュースの単独インタビューで、大統領経験者を起訴することをためらっているのかとの質問に対し、責任を取るべき「全員」の責任を問うつもりだとだけ答えていた。

ガーランド長官は「一つの政権から次の政権への平和的な政権移行に介入し、刑事責任を負うべき」者は誰でも起訴すると、質問に答えた。

2021年1月6日の出来事に対する司法省の捜査は、「(司法省の)歴史の中でもっとも多岐にわたる」広範なものだとも、長官は述べた。

2年後の大統領選立候補の可能性

アメリカでは大統領経験者が、刑事事件で起訴されたことはない。

トランプ氏は大統領経験者というだけでなく、2024年大統領選の出馬も有力視されている。それだけに、司法省の今後の動き次第では、政治にとっても憲法にとっても、重大な影響があり得る。

トランプ氏は議会襲撃の最中、議事堂に押し入った自分の支持者たちに、さまざまなメッセージを送っていた。「偉大な愛国者」と呼んでたたえることもあれば、平和的な行動を促し、警察を支えるよう呼びかけることもあった。


下院の特別委では

大統領選の結果を覆そうとする動きに対する司法省の捜査とは別に、米下院は独自に調査を進め、公聴会を繰り返し開いてきた。トランプ氏は一連の動きを「魔女狩り」と呼んで反発している。

民主党議員7人と共和党議員2人からなる特別調査委員会は今月半ば、複数の証人を呼び、選挙結果を違法に覆そうとする違法な取り組みの発端はトランプ氏で、その画策の帰結が議会襲撃だったとの見方を立証しようとした。

21日の公聴会では、暴動をホワイトハウスのテレビで見ていて、自らの子どもたちや側近らから暴徒を非難するよう「懇願」されたが、それを無視したとの証言が出た。さらに、襲撃後にトランプ氏が暴徒を非難した演説動画について、その収録時の様子を公聴会で流し、トランプ氏が「選挙は終わったとは言いたくない」と不満を口にする様子を映し出した。

これに先立つ6月末の公聴会では、襲撃当時のマーク・メドウズ大統領首席補佐官の上級補佐官だったキャシディ・ハッチンソン氏が証言。襲撃が始まる前にホワイトハウスの近くで開かれていた自分の応援集会で、トランプ氏は参加者が武装していると認識していたと話した。

大統領を警護するシークレット・サービスが金属探知機を使い、武器を持つ者の会場入りを阻止していたことについて、トランプ氏は「武器を持っていたってかまわない。僕に危害を加えたりしない。(会場に)僕の支持者を入れろ。ここから議事堂まで歩けばいい」とその場で発言したと、ハッチンソン氏は証言した。

トランプ氏はそもそも暴力沙汰になるとわかっていたにもかかわらず、それを止めるために何もしなかった――という下院特別委の主張が、ハッチンソン氏のこの証言で補強されることになった。

重要な意味持つ可能性も

下院委員会が独自にトランプ氏を刑事訴追する権限はないが、その調査内容を司法省に付託することはできる。

それだけに、司法省がトランプ氏自身の関与を調べているかもしれないという報道は、下院特別委の動きと合わせると、重要な意味を持ち得る。

一方、BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、これまで議会襲撃に直接参加した当事者を次々と起訴してきた司法省の捜査が、次の段階へ移ったのかもしれないとしつつ、襲撃そのものから離れれば離れるほど、立証が困難になると指摘している。

(英語記事 Capitol riots: Prosecutors probe Trump role in election challenge

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62329536

関連記事

新着記事

»もっと見る