2022年8月14日(日)

BBC News

2022年8月1日

»著者プロフィール

ニュージーランドの国境が1日、新型コロナウイルスの流入を防ぐために2020年3月に封鎖されて以来、初めて完全に再開された。

入国管理局は今後、ビザを持つ訪問者や、学生ビザ保有者を受け入れることとなる。

ほとんどの訪問者は予防接種を終えている必要があるが、隔離は求められない。

また、海上国境も再開され、クルーズ船や外国のレジャー用ヨットの停泊も認められる。

ニュージーランドは2月に初めて、段階的な国境再開計画を発表した。ワクチン接種済みの市民については、同月にはオーストラリアから、3月からは他の国からの帰国を認めた。

5月には日本を含むビザ免除リストに記載されている50カ国以上からの観光客の受け入れを再開していた。

ジャシンダ・アーダーン首相は、国境再開は「とてつもない瞬間」だとしつつ、「慎重なプロセス」の一環だと付け加えた。

「私たちは世界のほかの国々と共に、国民の安全を守りながら、今も非常に活発に続く世界的なパンデミックに対処し続けていく」

「しかし、人々の安全を守り続けることは、人々の収入やウェルビーイング(人が健康で幸せな、良好な状態にあること)にも影響を及ぼす」

ニュージーランドの観光業は、厳格な新型ウイルス対策による打撃を最も受けた産業の一つ。

2020年度(2020年4月~2021年3月)の観光業の国内総生産(GDP)貢献額は前年の5.5%から2.9%に落ち込んだ。

特に大きな打撃を受けたのは国際観光で、公式データによると国際観光収入は91.5%減の、162億ニュージーランドドル(1兆3512億円)から15億ニュージーランドドル(1251億円)へと激減した。

観光業で直接雇用されている人の数も、同期間に7万2000人以上減少した。

(英語記事 New Zealand fully reopens borders after Covid

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62375062

関連記事

新着記事

»もっと見る